メンズ脱毛サロンの開業に必要な準備と重要ポイントまとめ

メンズ脱毛サロンの開業に必要な準備と重要ポイントまとめ

近年、メンズ脱毛サロンの需要が向上しています。メンズ脱毛サロンの開業を検討している方も多いのではないでしょうか?そんな方に向けて、メンズ脱毛サロン開業に必要な資格や資金の目安、集客方法のポイントを紹介します。

メンズ脱毛サロンで行う脱毛とは

これまで脱毛といえば女性ユーザーが中心でしたが、近年では男性も脱毛に対する意識が高い傾向にあります。

まずはメンズ脱毛とはどのようなものなのか、簡単に解説します。

近年注目を浴びているメンズ脱毛とは

メンズ脱毛は、女性と同じように腕や足などのムダ毛処理も行いますが、主な施術は男性ならではのムダ毛処理になります。

特に注目を集めているのは『ヒゲの脱毛』です。男性の中には朝ヒゲを剃っても、夕方~夜には再びヒゲが生えてしまうことに悩む人も少なくありません。

また、毎日のようにヒゲ剃りをすると肌に負担がかかると感じ、美容や健康のためにヒゲの脱毛を希望する男性もいます。

このほかにも胸やお腹のムダ毛・スネ毛・VIOの脱毛を希望される方も多いです。

加えて完全に処理することで「自己処理の手間を減らしたい」人もいれば、量や濃さを調整することで「好みの外見になりたい」人もいるため、ニーズは幅広いといえるでしょう。

メンズ脱毛サロン開業に資格や許可は必要?

メンズ脱毛サロン開業を検討する際、気になるのは開業に必要な資格や許可ではないでしょうか?

ここではメンズ脱毛サロンの開業にあたり、事前に確認・準備しておきたい三つのポイントを紹介します。

資格なしで施術できるのは光脱毛

日本で一般的に行われている脱毛の種類は、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の三つです。中でも『資格なしで施術できるのは光脱毛だけ』になります。

光脱毛は、複数の波長をもつ光を肌に照射する方法です。永久脱毛ではなく『減毛を目的とした施術』であり、個人差はありますが、効果を感じていただくまでには時間がかかります。

光脱毛の種類や施術したい部位などによっても異なりますが、お客様には半年から2年程度は通っていただくことが必要です。

なお、永久脱毛と呼べるのは、レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類です。施術は医療機関のみで許可されており、サロンでは永久脱毛という言葉は使用できません。

民間資格があると差別化を図れる

脱毛サロンを開業するために必要な資格や免許はありません。

そのため、美容業界の経験がなくても、設備を揃え、必要な手続きを行えば『誰でも参入できる業界』といえるでしょう。

ほかのサロンと差別化を図ることを望むのであれば、『民間の資格を取得する』ことをおすすめします。主な資格は以下の三つです。

  • 専門的な知識・技術を持つ証明になる『認定美容脱毛エステティシャン』
  • 脱毛の国際ライセンスと呼ばれる『認定電気脱毛士』
  • 脱毛や美肌ケアなどの技術を持つ人が取得できる『美容脱毛士』

民間の資格を取得しているとお客様からの信用が高まります。

また、最低限の知識や技術を取得しておくことで、トラブルを防ぎ、お客様に安心して施術を受けてもらえるでしょう。

個人事業主の方は開業届を

脱毛サロンのみならず、個人で何かしらの事業を始める場合は『開業届け』を税務署に提出することが原則です。

開業届けは、正式には『個人事業の開業・廃業等届出書』といいます。管轄の税務署でもらう・国税庁のホームページからPDFをダウンロードすることで取得可能です。

必要事項を記載し『事業開始から1カ月以内に税務署に提出・郵送』します。記入にあたって必要になるマイナンバー・事業所の住所・開業日が分かる書類を準備しておくとスムーズに記入できるでしょう。

開業届けの記入・提出はそれほど難しいものではありません。メンズ脱毛サロンを開業すると決めたら、早めに準備しておきましょう。

メンズ脱毛サロンの開業に必要な資金

続いては、メンズ脱毛サロンの開業に必要な資金の目安を紹介します。

開業する場所によって必要な資金は異なるため、予算や開業計画に合わせて相応しいものを選ぶとよいでしょう。

開業する場所によって異なる

メンズ脱毛サロンの開業に必要な資金は、開業する場所によって異なります。

では、開業する場所によって開業資金はどの程度の差があるのでしょうか?

主な開業場所である自宅・マンションの1室・テナントの3パータンで開業資金を紹介します。

自宅で行う場合

自宅で開業する場合は、開業スペースを借りる資金が不要なため、必要最低限のものを揃えるだけで開業できます。

最低『30~50万円』の資金があれば、脱毛サロンをスタートできるでしょう。

脱毛サロンを開業するにあたって必要になるのは、主に以下のものです。

  • 脱毛機器本体
  • 脱毛プローブ
  • フェイシャルプローブ
  • 施術ベッド
  • ワゴン
  • スツール
  • ドレッサー
  • タオルなどの消耗品

なお、自宅を改装する必要があれば、改装費用などが必要になりますが、営業をスタートし、資金が整い次第、改装する手もあります。

マンションの1室で行う場合

マンションの1室で行う場合は、借りるマンションの広さ・エリアにもよりますが、自宅で開業するケースにプラス50万円はかかる見込みです。

1ルームマンションの家賃を6万円として計算すると、敷金・礼金などの諸経費で約20万円はかかります。家具や電化製品を新たに購入するようであれば、プラス10~20万円前後は必要です。

そのため、マンションの1室で開業する場合は、トータルすると『100万円前後』はかかると見込んでおきましょう。

テナントを借りて行う場合

テナントを借りて開業する場合は、賃貸マンションを借りる場合よりも賃料や敷金・礼金が高くなる傾向があります。

一般的にテナント契約時には、保証金が必要です。相場は賃料の10カ月分といわれており、仮に10万円の家賃だとすると、保証金で100万円が必要な計算になります。

加えて敷金・礼金・保証金・仲介手数料・前家賃・各種保険などを合わせて、200万円はかかると考えておきましょう。

これらに必要最低限の費用や家電にかかる費用などを合計すると、『200~350万円』はかかる計算です。

自己資金がない時の資金調達方法

メンズ脱毛サロンを開業する際の資金調達方法は、貯金をつかうか融資を受けるかの二択です。自己資金がない場合は『独立開業を支援する制度を使用』しましょう。

主な資金調達方法は以下の五つです。

  • 日本政策金融公庫
  • 自治体の制度融資
  • ビジネスローン
  • クレジット・リース契約(脱毛機材の導入費用)
  • 国や地方自治体の助成金

融資の申請から支給までは、申請先によって異なりますが、最低でも1カ月程度はかかると考えておくとよいです。開業を計画したら早い段階で融資を申請しておくとよいでしょう。

また、開業資金だけでなく、開業後の運転資金も考慮して融資を受けると、健全に経営できる可能性が高まるでしょう。

メンズ脱毛サロンの開業後の集客方法

メンズ脱毛サロンの開業はあくまでスタートラインであり、大事なのは健全な運営を続けることです。

そのためには、多くの男性にサロンの魅力を認知してもらうことが肝になります。

メンズ脱毛サロンの開業後に意識してほしい二つのポイントを紹介します。

接客の見直しが集客アップに

脱毛サロンにおいて脱毛技術が優れていることは大前提です。そのため、開業後に意識すべきポイントは『接客方法』になります。

メンズ脱毛サロンに来店されるお客様の多くは、脱毛に関する知識がありません。痛みに対して不安を感じていたり、どのように施術が進むのか気になっていたりするお客様もいるでしょう。

お客様の不安や疑問に答えられる知識を身に付けておくことで、お客様に寄りそうサロンとして信用していただきやすくなります。

中には「ただ施術だけしてくれたらいい」「話し掛けられるのは苦手」という人もいます。接客時にお客様がどのような接客を求めているのか見極め、対応できるスキルを磨いておくことが大切です。

信頼のできる脱毛機の導入を

メンズ脱毛サロンの開業にあたり、『信頼のできる脱毛機を導入する』ことが重要です。

脱毛機を選ぶときは、脱毛効果が期待できるのはもちろんのこと、連射機能があること・施術スピードの速さも考慮するとよいでしょう。

また、脱毛機の性能だけでなく、販売メーカーにも注目です。脱毛機は機械である以上、故障すること・不具合が生じる可能性も十分にあります。

そうしたトラブルが発生したときに、対応が早いメーカーから購入しておくことで、お客様に迷惑がかかるリスクを減らせるのです。

「どこでもいい」「価格が安いところにしよう」と安易に決めるのではなく、サロンに寄りそってくれるメーカーから購入を検討することをおすすめします。

まとめ

メンズ脱毛は、主にヒゲやスネ毛のような男性ならではのムダ毛処理の需要が高いです。太く濃い毛を除毛する機会が多いからこそ、脱毛機器を選ぶ際は、適切なものを選ぶことが重要といえます。

たとえ立地やサービスがすばらしいものであったとしても、脱毛の効果を感じていただけなければ、集客につなげることは難しくなってしまうでしょう。

メンズ脱毛サロンを開業する際は、信頼できるメーカーから脱毛機器を購入することで、男性のお客様に満足していただける脱毛サービスを提供することが大切です。

コンフォートジャパンでは、確かな実力でメンズ脱毛サロンのサポートを行っております。男性に満足いただくために誕生したメンズモデル「UOMO」のご用意もございますので、是非一度お気軽にお問い合わせください。

[ルネッサンスUOMOの詳細はこちら]

[導入事例はこちら]