脱毛サロン経営でよく起こるトラブルと対処法を解説

脱毛サロン経営でよく起こるトラブルと対処法を解説

脱毛サロンを経営する上で、できる限り避けたいものが『お客様とのトラブル』です。今回は脱毛サロンでよく起こる消費者トラブルや対処法について解説します。合わせて美容サロン向けの保険についてもチェックしましょう。

脱毛サロンでよく起こる消費者トラブルとは

脱毛サロンではどのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

様々なトラブルが起こっている

脱毛サロンで起こる可能性のあるトラブルは、主に以下の6種類です。

  • 脱毛施術後の『肌トラブル』
  • 効果が実感できないと解約を求められる『効果トラブル』
  • 料金や勧誘内容に納得できないことによる『契約トラブル』
  • 予約キャンセルやペナルティによる『予約トラブル』
  • 料金内容や解約金のくいちがいによる『料金トラブル』
  • 強引な勧誘による『勧誘トラブル』

この中でも特に注意したいのが肌トラブルです。近年は機能性・安全性が高い業務用脱毛機が増えていますが、光や熱で施術を行うため、痛みややけどなどの肌トラブルが発生する可能性はゼロではありません。

万が一の事態を想定しつつ、できるだけトラブルが発生しない環境を作ることが大事といえるでしょう。

トラブルが起こった時の対処

では、実際にお客様との間でトラブルが発生した場合は、どのように対応したらよいのでしょうか?

トラブル対処法

まずはお客様にヒアリングをして『状況を正確に理解する』ことが大事です。トラブルの原因を見つけることで適切な対処につなげられます。

このとき、仮にお客様に非があるとしても丁寧に対応することが重要です。お客様の気持ちに寄り添うことで信頼回復に努めましょう。

施術内容で肌トラブルが発生した場合は、サロンで判断・処置することは避け『専門機関を紹介』します。適切な診断を受けていただくことで、責任を負うべき範囲も把握できるでしょう。

また、トラブル内容はサロン内で解決することが理想ですが、ケース次第では『弁護士に間に入ってもらう』ことも必要です。

返金や慰謝料請求をされた場合

施術による肌トラブル・効果が実感できないなどの理由で、お客様から返金や慰謝料請求をされる場合もあるかもしれません。

この場合、サロン側で判断することが難しいため、以下のような手順で対応することをおすすめします。

脱毛サロン側の対応

まずはお客様の主張内容を確かめて『サロンが責任を負う範囲かどうか』を検討しましょう。

そもそも脱毛の肌トラブルや効果内容などは、サロンの施術が原因かどうかを確かめるのは難しいものです。

お客様と契約を結ぶ時点でも、確実に肌トラブルがない・効果があることを約束するサロンは少ないといえるでしょう。

施術ミスをしていたならまだしも、適切に施術していたのであれば、サロン側に責任があるとは断定できません。

そのため、サロン側に明らかな過失がないと考えられる場合は、すぐに支払いに応じず、弁護士を通して話し合うことが必要です。

トラブルを避ける方法

脱毛サロンではトラブルが起こる可能性がないとはいえません。しかし、普段の心掛け次第では、トラブルの発生を避けることはできるでしょう。

ここではトラブルを避ける方法について紹介します。

あくまでも施術なので無理な勧誘はしない

トラブルを避けるためには『無理な勧誘をしない』ことが大事です。お客様が契約内容や脱毛効果に納得できないまま契約することにつながり、結果として途中解約やクレームなどのトラブルに発展する恐れがあります。

脱毛は医師が行う治療とは異なり、あくまでも施術です。効果をしっかり説明し、お客様に納得していただいた上で契約するようにしましょう。

また、お客様の言いなりになることもNGです。出力パワーを過剰に上げること・禁忌箇所の施術を求められても、きちんと説明をしてお断りするようにしましょう。

お客様・サロン側が納得できる契約をすることは、双方の安全や信頼を守るために必要なことです。

美容サロン向けの保険がおすすめ

トラブル次第では、サロン側が損害賠償責任を負うこともあるかもしれません。

もしもの事態に備えて『美容サロン向けの保険』に加入することをおすすめします。

サロン保険に入りましょう

サロン保険は正式には『店舗損害賠償責任保険』といいます。美容サロンのトラブルに対応するべく開発された保険で、お客様や第三者に損害賠償が発生した場合に保険金がおります。

施術ミスによる損害賠償だけでなく、店舗や施設の欠陥・一時的にお預かりした荷物の紛失や盗難・店舗で販売した物品による損害などを補償してくれる保険もあります。

損害賠償が原因でサロンが倒産になる可能性もあるかもしれません。サロン保険に加入しておけば、万が一トラブルが起きたときに安心です。

美容サロン向けの保険の選び方

美容サロン向けの保険はいくつか種類があります。サロンに合うものを選ぶためには、どのようなことを気を付けるとよいのでしょうか?

ここでは美容サロン向けの保険を選ぶときのポイントについて解説します。

保険選びのポイント

最初に『脱毛が保証対象かどうか』を確認しておきましょう。エステ専門の保険の中には、フェイシャルエステやハンドトリートメントのみが保証対象となっている保険もあります。

脱毛施術が保険の対象でなければトラブルの際に活用できません。きちんと内容を確認して、保証対象となるものを選ぶことが重要です。

合わせて損害対象や特約についてもチェックしておきましょう。できるだけ幅広くカバーしてくれる保険の方が安心です。

安心が大事「ドクターズサポート」

『ドクターズサポート』は、万が一のトラブルやクレーム対応を保証してくれるシステムです。

脱毛サロンは医療機関ではないため、施術トラブルが発生した際に診断・対応することができません。しかし、ドクターズサポートに加入していれば、提携する医療機関・専門医のサポートを受けられるのです。

安心感を得られることに加えて、顧問医師の名前が入った認定書を発行してくれるため、ほかのサロンとの差別化も図れます。

保険が付帯しているエステ機器

業務用の脱毛機を購入する際は、リスクヘッジの一つとして、保険が付帯しているマシンがおすすめです。

『ルネッサンス』シリーズの脱毛機は、上記のドクターズサポートに加えて、保証期間最長3年間・トラブルに対応するPL保険への加入など、手厚いサポートを用意しています。

ここでは、ルネッサンスシリーズの中でもおすすめの脱毛機を見ていきましょう。

Renaissance ルネッサンスGT-R

『ルネッサンスGT-R』は、ルネッサンスシリーズの最新脱毛機です。資材の調達から製造、メンテナンスまで国内で一貫して行っています。

『高速スライド(連射)を実現』していることがポイントです。肌の上を撫でるように照射可能で、施術者の負担を軽減し、施術スピードの短縮することができます。

また、脱毛に加えてボディケア・バストケア・ヒップアップなどのメニューを搭載していることも魅力です。幅広いニーズに応えられるため、集客率アップに貢献できるといえます。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスGT-R
  • 公式サイト:商品ページ

まとめ

脱毛サロンでは、施術や接客、店舗の欠陥など様々なことが原因でトラブルが発生する可能性があります。

普段からトラブルが発生しないように努めていても、何らかの形でトラブルが発生してしまうこともあるでしょう。

脱毛サロンを健全に経営するためには、万が一のトラブルに備えて最適な保険に加入しておくことは重要といえます。

あらゆるトラブルを想定して、必要な保険に加入するようにしましょう。