メンズ脱毛器のおすすめは? 種類・選び方を解説

メンズ脱毛器のおすすめは? 種類・選び方を解説

脱毛機器は、脱毛サロンを経営する上で特に大事なポイントです。おすすめの脱毛機器の選び方と合わせて、メンズ脱毛で人気の脱毛部位や脱毛方法の種類も紹介します。また、メンズ脱毛に特化した脱毛機器についてもチェックしましょう。

メンズ脱毛はどのような体の箇所(部位)が脱毛できるの?


女性の脱毛とメンズ脱毛では、人気の部位が異なります。

メンズ脱毛を開業することを考えているのであれば、男性の脱毛に関したニーズを捉え、それに適した脱毛機器を導入することが大事です。

ここでは人気のメンズ脱毛部位をチェックしましょう。

人気のメンズ脱毛部位を紹介


メンズ脱毛で1番人気は『ヒゲ』です。濃いヒゲや青ヒゲに悩む方・埋没毛やカミソリ負けなどの肌トラブルに悩む方・銀行員や営業など清潔感が求められる職種の方など、幅広いニーズがあります。

メンズ脱毛では、まずヒゲの脱毛をお試し感覚で行い、効果を実感したら他の部位の脱毛を契約するパターンが多いそうです。

近年では『VIO(デリケートゾーン)』の脱毛も人気を集めています。自分からはなかなか見えない部位ですが、衛生に保つことやエチケットとして脱毛する人が多いそうです。

また、胸毛や腹毛といった腹部の脱毛・ワキ・太もも・ひざ下などの部位も人気を集めています。

メンズの脱毛方法の種類と仕組み


業務用脱毛機器を選ぶ際は、どのような脱毛方法を選ぶのかが重要です。脱毛方法はさまざまな種類があり、種類ごとに特徴が異なります。

まずはメンズ脱毛の基礎知識として、脱毛方法の種類とその仕組みについて見ていきましょう。

光脱毛とレーザー脱毛がメイン


メンズ脱毛は『光脱毛(フラッシュ脱毛)』と『レーザー脱毛』の2種類がメインです。それぞれの違いについて簡単に解説します。

光脱毛の仕組み


光脱毛は、肌に光を照射することで、毛の生成を抑制する脱毛方法です。エステサロンが扱える脱毛方法で、永久脱毛ではなく『減耗』を目的としています。

毛根にある黒色『メラニン色素』に光を照射し、毛の生成を抑制することで脱毛する仕組みです。光は黒い毛にのみ作用するため、肌や周囲の細胞を傷つけてしまう心配はないといわれています。

すぐに効果が現れるわけではなく、照射をくり返す内に毛が薄く・細くなり減耗していきます。

レーザー脱毛の種類と仕組み


一方、医療レーザー脱毛は、国家資格を持つ医師や看護師のみが施術できる脱毛方法です。永久脱毛に該当し、エステサロンでは扱うことができません。

医療レーザー脱毛は、毛の黒色(メラニン色素)をターゲットにする脱毛方法・『バルジ領域』をターゲットにする2種類があります。

いずれも照射する光は光脱毛より強いものを使用しており、光を受けた毛穴からは毛が再生することはないといわれています。

また、毛の黒色や器官に光を当てるため、肌や周辺細胞への影響はないそうです。

脱毛してから毛が抜け落ちるまでの期間


脱毛は一度の施術では完結しません。施術を何度かくり返すことで、初めて脱毛効果を期待できるのです。

では、脱毛して毛が抜け落ちるまではにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか?脱毛する上で基本となる『毛周期』と合わせてチェックしましょう。

メンズ脱毛に大切な毛周期とは


毛周期は、毛が生え変わる周期(サイクル)のことです。毛が伸びる『成長期』、成長が終わり抜け落ちる『後退期』、新しい毛が生えてくる『休止期』に分かれます。

脱毛できるのは、毛周期の中でも『成長期の毛だけ』です。ほかの周期の毛に対して施術を行ったとしても、思うような脱毛効果は得られないといわれています。

加えて成長期にあたる毛は全体の20%であり、一度に照射することはできません。そのため、基本的には『1カ月半から2カ月に1度のペース』で施術を行います。

光脱毛は5~6回で効果が見え始め、脱毛期間は約2~3年が一般的です。一方、医療レーザー脱毛は、光脱毛よりもパワーが強いため、3~5回で効果が期待でき、施術期間は1~2年程度が目安といわれています。

メンズ脱毛に適した業務用脱毛機のポイント


脱毛サロンを開業する際、肝となるのが業務用脱毛機器です。メンズ脱毛の場合はどのような業務用脱毛機器を選ぶとよいのでしょうか?

脱毛機器を選ぶときのポイントを紹介します。

男性の毛質対応できるかがポイント


メンズ脱毛を目的とした業務用脱毛機器を選ぶ際は、『男性の毛質に対応できる』ことがポイントです。

男性はホルモンの関係で、女性と比べると毛質が濃く・太くなる傾向があります。適切な脱毛処理を行うためには、女性の脱毛より出力が高くなり、痛みを感じやすくなるのが一般的です。

その点、男性向けの業務用脱毛機器は、高い脱毛効果を発揮しながらも、痛みを軽減できるように冷却機能を備えています。

男性は脱毛時に痛みが軽減されることを望む人が多く、「痛みが控え目である」ことをアプローチすると集客にもつながりやすいと考えられるでしょう。

メンズ脱毛向けの業務用脱毛機器を導入するメリット


メンズ脱毛向けの業務用脱毛機器を導入することによるメリットは、大きく分けて『他サロンとの差別化』と『売り上げアップ』の二つです。

一般的な脱毛機器とメンズ向け脱毛機器のどちらを導入するか迷っている人に向けて、メンズ脱毛向けの脱毛機器を導入するメリットを解説します。

他サロンとの差別化と売り上げアップ


メンズ脱毛が注目を集めている一方で、メンズ脱毛向けの業務用脱毛機器を導入していない・そもそもメンズ脱毛を取り入れていないサロンが多いのが現状です。

メンズ脱毛に特化した脱毛機器を導入することで、他サロンとの差別化を計れます。一般的な脱毛機器にはない機能があることをアプローチすれば、男性の集客アップを狙いやすいでしょう。

また、女性だけでなく男性客を集客できれば、売り上げアップも見込めます。友達紹介の幅が広がる・カップルや夫婦で通えるなど、事業者・顧客の双方にメリットがあるといえるでしょう。

ただし、「異性が通っているサロンだと通いにくい」というお客様もいるため、サロンを開業する際は、顧客層をどこにするのかをしっかり考える必要があります。

実際にメンズVIO脱毛を体験したリアルな意見


メンズ脱毛の中でもVIOは、デリケートな部位の脱毛なだけに「感想を聴く機会がない」という人も多いのではないでしょうか?

リアルな意見を知りたい人に向けて、脱毛サロンでメンズのVIO脱毛を体験した27歳男性(株式会社コンフォートジャパン機械営業部在籍)の意見を紹介します。

実際にメンズVIO脱毛を体験したリアルな意見


実際にメンズ脱毛でVIOを脱毛を体験した男性の率直な感想は「もうやりたくない…」というものでした。

施術はVライン、Iライン、最後にOラインの順で行われたそうです。最初のVラインの施術の時点で思わず「痛っ!」と声が出てしまい、痛みを申告したところ、痛い方が効果があると続行されたといいます。

その後も痛みを感じ、最終的にはパワーを下げて施術してもらったそうですが、痛みは変わらなかったそうです。

施術スタッフの接客態度や説明は、丁寧で満足度は高かったそうですが、それ以上に脱毛の痛みが強かったことが苦手意識につながってしまったといいます。

まとめ


メンズ脱毛は、1番人気のヒゲの脱毛をはじめ、VIOや胸の毛など、さまざまなニーズがあります。「男性の毛の悩み」を考慮すると、取り入れるべき脱毛メニューが見えてくるでしょう。

また、メンズ脱毛に来るお客様は、痛みで断念してしまう傾向があるそうです。業務用脱毛機器を選ぶ際は、できるだけ痛みが出にくいものを選ぶことが、男性の顧客を獲得するために重要といえるでしょう。

 

Renaissance ルネッサンスUOMO(ウォモ)


ルネッサンスシリーズの『ルネッサンスUOMO(ウォモ)』は、近年注目を集めている『メンズ脱毛』に特化した美容脱毛機器です。

男性の濃くて太い毛を効率よく除毛できるように開発されたマシンで、メンズ脱毛で特に人気を集める『ヒゲ脱毛』モードを搭載しています。脱毛時の痛みを軽減するように作られているため、お客様に安心して施術を受けてもらえるでしょう。

もちろんフェイシャル機能や基本的な脱毛機能を搭載しています。メンズ向けの脱毛を行いたい方に合わせておすすめの1台です。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスUOMO(ウォモ)
  • 公式サイト:商品ページ