脱毛サロン開業に資格はいるの?費用や手続きの流れを徹底解説

脱毛サロン開業に資格はいるの?費用や手続きの流れを徹底解説

「これから脱毛サロンを開業したい」「脱毛業界に興味がある」という方の中には、必要な資格について知りたい方も多いのではないでしょうか?今回は脱毛サロン開業に必要な資格や開業までの流れについて解説します。

脱毛サロン開業に資格は必要なの?

美容脱毛サロン開業には『特別な資格は不要』です。必要な機材や設備さえ整えれば、美容業界での経験がなくても開業できます。

ただし、安全性が高い脱毛機器を使用していても、使い方を誤まるとトラブルが発生する可能性があります。

以下のような『民間資格』を取得しておくと、お客様に安心して施術を受けていただけますし、サロンとしての信用度も高まるでしょう。

  • 専門的な知識・技術を持つ証明になる『認定美容脱毛エステティシャン』
  • 脱毛の国際ライセンスと呼ばれる『認定電気脱毛士』
  • 脱毛や美肌ケアなどの技術を持つ人が取得できる『美容脱毛士』

一方、医療脱毛は『医療行為』に該当するため『国家資格』を取得する必要があります。

また、医療脱毛機は医師免許がなければ購入できないため、医療脱毛は原則的にエステサロンでは扱えません。

美容脱毛と医療脱毛の違い

美容脱毛と医療脱毛では『脱毛方式』『施術者』『施術場所』が異なります。以下の表を見ていきましょう。

 

美容脱毛

医療脱毛

脱毛方式

光脱毛(フラッシュ脱毛)

レーザー脱毛

施術者

脱毛機器を扱えるサロンスタッフ

医者・看護師

施術場所

脱毛サロン、エステサロンなど

医療機関(病院、クリニック)

美容脱毛は『減毛・抑毛』を目的としているため、完全に毛をなくすことを謳うことはできません。ただし、痛みが少ない・費用が安いといったメリットがありお客様に選ばれています。

一方、医療脱毛は完全に毛をなくす『永久脱毛』効果を得られますが、痛みが強い・費用がエステ脱毛より高い傾向があるのです。

脱毛サロン開業の失敗例

脱毛サロンを開業したものの、失敗に終わってしまうサロンも少なくありません。開業を失敗から避けるために大事なポイントは以下の通りです。

  • 固定費が高額になる(脱毛機・家賃・広告費など)
  • 脱毛機選び(性能・コスパ・保証内容など)
  • ターゲットが曖昧で集客につながらない
  • 宣伝が上手くいかずにお客様が集まらない

脱毛サロンを開業する際は、失敗例も参考にしつつ計画を練ることが重要といえそうです。

脱毛サロンの開業を成功させるポイント

では、脱毛サロンの開業を成功させるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?成功させるための四つのポイントをチェックしましょう。

脱毛の種類と資格の有無を確認する

脱毛の種類は大きく分けて『光脱毛』『医療レーザー脱毛』『ニードル脱毛』の3種類があります。

この中で資格不要で始められるのは光脱毛だけです。医療レーザー脱毛は『国家資格』、ニードル脱毛は『認定電気脱毛士』という資格が必要になります。

そのため、脱毛サロンでは光脱毛が主流です。

脱毛機器決定

脱毛サロンで主流なのは『光脱毛機』です。現在さまざまな業務用脱毛機が登場していますが、選ぶときのポイントは大きく分けて五つです。

  • 脱毛機の壊れにくさ・壊れたときの保証内容
  • ランニングコスト(ワンショット単価)
  • 連射性(施術スピード)
  • 長時間使用したときの性能(冷却機能の働き・使用感など)
  • 安全性やメンテナンス対応の早さ

脱毛機はお客様に使用するものです。万が一故障したときのことを考えて、修理対応が早い・保証内容が充実しているメーカーから購入しておくと、お客様に迷惑をかけるリスクが減ります。

また、施術スピードが早い・痛みや熱さが少ない脱毛機は、お客様の施術に対する満足度を高めてくれるでしょう。

事業計画を立て、コンセプトを決定

導入する脱毛機が決定したら『事業計画を立て、コンセプトを決める』フェーズです。

どのような脱毛サロンを経営したいかによりコンセプトは変わります。例えば女性客をメインに集客したいのであれば、女性向けのメニューがある・リラックスできる空間にする・女性が喜ぶサービスを行うなどが考えられるでしょう。

コンセプトが決まれば内装・設備・接客などの方針も決まります。他店と差別化するためのブランディングを行うことも忘れないようにしましょう。

適した宣伝方法を考え安定した集客を行う

脱毛サロン開業を成功させるためには『お客様に知っていただく』ことは不可欠です。適した宣伝方法を考えて、お客様にサロンの存在・魅力を知っていただける環境を作りましょう。

例えば店舗・口コミ情報を掲載してくれる媒体に登録する方法があります。まずは無料プランをお試しで登録し、集客の反応を見て有料プランを検討する手がおすすめです。

また、お客様に必要な情報を提供できる『ホームページ・ブログ』も作成しておきましょう。近年では『SNS』をチェックする方が多いため、ホームページ代わりに使用するのも手です。

脱毛サロンを開業するために必要な資金

続いては、脱毛サロンを開業するために必要な資金の目安を解説します。

サロンを開く場所+内装工事費

まず必要な資金は『サロンを開く場所を借りる費用』と『内装工事費』です。

内装工事費は約20万円が目安です。壁紙やインテリアを変え、お客様にリラックスしていただける空間にするために必要な資金といえるでしょう。

また、以下のものを購入するための資金も必要です。

  • 設備・備品の購入費用(施術用ベッドやワゴンなど):約10~50万円
  • 消耗品の購入費用(シーツやカバーなど):約10万円
  • 宣伝広告費:約10~30万円

サロンを開く場所を借りる費用で変動しますが、トータルすると『100~200万円』はかかると見込んでおきましょう。

脱毛に使う機材代

脱毛サロンを開業するために欠かせないのが『業務用脱毛機』です。エステ関連機器の中でもやや高めで、機材代だけで『200~300万円』はかかると見込んでおきましょう。

脱毛機を選ぶときは、本体価格だけでなく『ランニングコスト』にも注目です。毎月にかかる経費が安くなれば、安定して経営を続けられます。

1ショットあたりの単価・ランプの交換ペース・ジェルなどの消耗品にかかる費用なども合わせてチェックしておくと、コスパのよい脱毛機を選びやすいでしょう。

足りない場合、資金を借りる方法

自己資金の調達が難しい場合は、以下のような場所から資金を借りる方法があります。

  • 銀行・信用金庫からの借入
  • 日本政策金融公庫
  • 自治体の制度融資
  • ビジネスローン
  • クレジット・・リース(機材の購入費)
  • 国や地方自治体の助成金

融資を受ける際は、開業資金だけでなく、運転資金も考慮しておきましょう。ただし、無理のない範囲で融資を受けることが重要です。

脱毛サロンを開業するまでの流れと必要な手続き

最後に脱毛サロンを開業するまでの流れと必要な手続きについて、簡単にチェックしていきましょう。

1.お店のコンセプトを決め、事業計画書を作成する

お店のコンセプト及びメインターゲットとなる客層を決めます。

また、サロンの信念・目標・心構えなども決定しておくと、サロンとしての方針がブレてしまう心配がありません。

頭の中に描いているイメージが固まったら『事業計画書』にまとめておきましょう。

2.事業計画に合った物件や内装業者を探す

続いては、事業計画で定めたコンセプトやメインターゲットに合わせて、脱毛サロンを開業するための物件を探します。

脱毛サロンは広い場所や設備を必要としないため、比較的自由に物件を選べるでしょう。ただし、家賃が高くなりすぎないように注意です。

物件が決まったら内装業者を探し、理想の内装について打ち合わせましょう。

3.融資が必要な場合は融資の手続きをする

融資が必要な場合は、融資先に申請の手続きを済ませます。

融資の申請から支給までは、申請先によっても異なりますが『約1カ月』かかる場合もあります。脱毛サロンの開業を決めたら、早めに申請しておくと安心です。

4.物件の内装工事・備品・機器の設置

物件の内装工事が完了したら、必要な備品や機器を設置します。業務用脱毛機は、購入したメーカーの担当が設置や使用方法の説明をしてくれるはずです。

『クレジットカード決済』の導入も済ませておきましょう。現金での一括購入が難しい人でも、クレジットカード利用可能であれば、追加プランの購入を検討してくれる可能性があるのです。

近年はスマホやタブレットを使用した決済も普及しているため、集客アップにつながる可能性は高いでしょう。

5.集客のための広告活動

開業準備が整ったら、お客様に知っていただくためにも『広告活動』を実施しましょう。

情報・口コミを掲載してくれるサイトに掲載を依頼するほか、ホームページやSNSのオープンも忘れずに行いましょう。

特にSNSを通してサロンを探されるお客様は多いです。小まめに情報を掲載することで、お客様の目に留まる可能性を高めましょう。

6.税務署などへの届け出

脱毛サロンのみならず、個人で事業を始める場合は『開業届け(個人事業の開業・廃業等届出書)』を税務署に提出することが原則です。

開業届けは、管轄の税務署でもらう・国税庁のホームページからPDFをダウンロードすることで取得できます。

必要事項を記載し、事業開始から1カ月以内に税務署に提出・郵送しましょう。記入に必要となるマイナンバー・事業所の住所・開業日が分かる書類を準備しておくとスムーズです。

7.開業

お客様を受け入れられる準備が整ったら、いよいよ開業です。実際に営業してみると、計画通りにはいかないこともあるかもしれません。

必要に応じて接客や集客方法、脱毛に関する知識などをブラッシュアップしていきましょう。

まとめ

脱毛サロンは、特別な資格がなくても誰でも開業可能です。「これから脱毛業界に参入したい」という方にうってつけといえるでしょう。

ただし、固定費がかかりすぎる・脱毛機の性能が悪い・集客につながらないことで、脱毛サロンの開業が失敗に終わってしまう例もあります。

脱毛サロンを開業する際は、しっかりと事業計画を立て、信頼できる脱毛機を購入することが重要といえます。不安なことや疑問があれば、いつでもご相談いただければ幸いです。

[開業支援はこちら]

[導入後のサポートはこちら]

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。