光脱毛とはどんな美容メニュー?仕組みや施術方法を解説

光脱毛とはどんな美容メニュー?仕組みや施術方法を解説

脱毛方法には主にレーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛の3種類があります。今回はその中で、サロンでよく導入される光脱毛に焦点を当てて紹介します。痛みの有無や効果、永久脱毛との違いについて、詳しく見ていきましょう。

サロンメニューを増やすなら光脱毛がおすすめ

脱毛方法の中で、レーザー脱毛は医療行為に当たります。医療行為と呼ばれる脱毛方法は、一般的にサロンで取り扱うことはできません。脱毛メニューを増やすなら、光脱毛の種類を増やしましょう。

光脱毛にはいくつかの種類があります。メニューを増やすためにも、定義やニーズについて理解しておくことは大切です。ここでは、光脱毛の定義やニーズについて簡単に解説します。

光脱毛とは?

脱毛サロンで施術を行えるのは、光脱毛のみとされています。光脱毛は、肌に光を照射して毛が作られる働きを弱める脱毛方法です。

光によって影響を受けた毛根は、再生力が弱まります。光脱毛を繰り返すことで、次第に毛が生えにくくなっていきます。

新人スタッフが対応でき、ニーズも高い

光脱毛で使用する脱毛機は、新人スタッフでも扱いやすい機器である点も大きなメリットといえるでしょう。

レーザー脱毛は医療行為に当たるため、施術を行うスタッフは資格を保有している必要があります。光脱毛は、機器の扱いを練習すれば新人であっても、施術可能です。

光脱毛の特徴と効果について

脱毛を希望している人の中には、施術による痛みに不安を感じている人も多くいます。施術を提供する側としても、光脱毛による痛みの度合いや、効果について理解しておくことは大切です。それぞれについて、詳しく解説します。

痛みはあるの?

光脱毛は、医療用のレーザー脱毛と比べると光の出力が弱いため、ほかの脱毛方法と比べて痛みが少ないといわれています。ただし、完全に無痛というわけではありません。

痛みを感じる度合いは、個人差があります。そのため、出力が強めの医療用脱毛でも、あまり痛みを感じなかったという人もいます。また、部位や肌の状態によっては、強い痛みを感じる可能性もあるでしょう。

光脱毛でできる範囲は?

光脱毛は、顔から足先まで全身脱毛が可能です。ただし、施術を希望する部位に問題がある場合には、断らなくてはならないケースもあります。

たとえば、ほくろやタトゥーの入っている場所、白髪、日焼けした肌、皮膚が薄い場所は、施術ができない可能性もあるでしょう。

新しい機器の導入前には、希望している施術の効果が得られるかどうかについてもしっかり確認しましょう。

光脱毛の効果は?

光脱毛の種類は、主にSHR式、IPL式、SSC式の3種類です。いずれの種類も、お客様には計画的に施術に通って頂く必要があります。

光脱毛は『減毛』であって、『永久脱毛』ではない点は施術を行う側も理解し、お客さまにも説明した上で施術に臨んでもらわなければなりません。

光脱毛の効果が出る回数や期間

脱毛を希望するお客さまが、一番気になるのが効果の具合や施術回数でしょう。光脱毛は、どの程度施術を行えば効果が現れるのか、施術回数や期間について解説します。

光脱毛の回数・期間・効果の目安

光脱毛は毛周期に合わせておよそ1~2カ月に1回の割合で施術していくのが一般的です。おおよそ1年程度で効果が実感できるようになります。

回数や効果の程度については、個々の毛の濃さやサロンに通う周期・回数によって差があります。そのため、上記はあくまで目安と捉えておくとよいでしょう。

光脱毛の毛周期とは?

脱毛を行う上で、基本となるのが『毛周期』です。毛周期は、毛が生え変わる周期(サイクル)のことで、毛が成長する成長期、成長が終わって抜け落ちるまでの後退期、次の毛が生えてくるまでの休止期に分かれます。

毛周期は、人によって異なるだけでなく、1人の人でも部位によって周期が異なります。

光脱毛は、特に成長期に光を照射することで減毛を目指す施術となります。光の当たった毛と周辺細胞が老廃物と認識され、体の外に排出されていくのです。

成長期にある毛は、体の毛全体の20%程度といわれております。そのため、1~2カ月のスパンで施術を行うと、5~6回目から効果が見えはじめるといわれています。

IPL脱毛・SHR脱毛・SSC脱毛の違い

光脱毛にはIPL脱毛・SHR脱毛・SSC脱毛の3種類があります。それぞれがどのような特徴、効果を持つのか比較しましょう。

メラニン色素に反応 IPL脱毛

IPLは『インテンス・パルス・ライト』の略で、光が毛の黒色(メラニン色素)に作用する脱毛です。太くて濃い毛に対し、高い効果が見込めます。

毛のサイクルに沿って照射するため、1~2カ月に1回程度の施術で、おおよそ1年で効果が実感できます。

黒色に作用するため、色素の薄い人や産毛の多いお腹や肩周り、顔などの脱毛については、比較的効果が出にくい特徴があります。

産毛も得意 SHR脱毛

SHRは『スーパー・ヘアー・リムーバル』の略で、毛根を包み込んでいる『毛包』に60〜70度程度の熱を当て、毛を作る命令を下している『バルジ領域』に働きかける脱毛方法です。

ほかの脱毛方法では効果が現れにくいとされる産毛にも効果が期待できるようです。ほくろやシミのある部位、日焼けの肌でも施術が可能と謳うメーカーもございます。

毛の成長を抑えるSSC脱毛

SSCは、『スムース・スキン・コントロール』の略で、制毛効果を持つビーンズジェルをクリプトンライトで浸透させる脱毛方法です。

毛の成長を抑制することを目的として行われる施術となります。

医療レーザー、ニードルの永久脱毛との違い

レーザー脱毛は、医療用脱毛に当たります。これらの脱毛方法と光脱毛の具体的な違いは、どこにあるのか解説します。

光脱毛は脱毛初心者の方もはじめやすい

医療用レーザーやニードルは、光脱毛と比べると痛みを伴いやすく、笑気麻酔など弱い麻酔を用いて施術を行うこともあります。そのため、脱毛の痛みに慣れていない初心者にとっては、少しハードルが高めといえるでしょう。

加えて、医療用レーザーやニードルの場合、有資格者の施術となるため、施術可能なスタッフや施設が限られるという特徴があります。その点、光脱毛はサロンでの施術が可能で、訓練を受ければ対応できるスタッフを増やせます。

エステサロンに、光脱毛の機器を導入することで、エステメニューとの組み合わせも可能となり、お客さまの利便性の向上をはかることもできるでしょう。こうした点から、光脱毛は初心者の方でも始めやすい施術であるといえます。

減毛を実感できるまで一定の期間が必要

医療用レーザー脱毛は、光脱毛と比較して高い効果が期待できると言われております。レーザーの場合、おおよそ1~2年程度で脱毛が完了するケースが多く、ニードルの場合は、電気針で1本1本毛を処理するため、施術後すぐに効果を感じることができることが多くあります。

光脱毛の減毛効果を実感でき、施術がほとんど必要なくなるまでに1~2年程度かかると言われています。

まとめ

光脱毛は、施術時の痛みが少なく、価格もクリニックと比較すると安いという特徴があります。肌に優しい施術が多いため、肌が弱い人や子どもでも施術を受けやすい点もメリットです。エステサロンや脱毛専門サロンで行えるため、初心者でもはじめやすいのも特徴です。

様々な脱毛理論や方法がありますが、パンフレットや広告だけでは判断せず、ご自身の目と耳でしっかりと各メーカーの話を聞いた上で何を導入するのかご判断ください。

ルネッサンスシリーズでは確かな実力と導入実績でサロンメニューの拡張をサポートいたします。新たな開業や、今のサロンで脱毛を始めたい、でも何からしたらいいかわからない、そんな時は是非コンフォートジャパンにお問い合わせください。全力でお手伝いさせていただきます。

 

ルネッサンスの導入事例はこちら

導入後のサポートはこちら