毛周期と脱毛機の効果の関係性とは?

毛周期と脱毛機の効果の関係性とは?

人間の毛には、生え変わりの周期があります。毛の成長サイクルを指す言葉が毛周期です。脱毛は、毛周期にあわせて施術を行うことで、効果を出すことを目指します。この記事では、毛周期と脱毛機の効果の関係性について詳しく解説します。

ムダ毛が生え変わるサイクルとは

脱毛の方法によっては、毛周期を考慮した上で、時期や回数を計画する必要があります。単純に施術回数を増やせば毛が減るというものではありません。しっかりとした計画に基づいた脱毛プランを提案できることが、店舗の信頼を向上させることにもつながります。

そのためにも、まずはムダ毛が生え変わるサイクルについて理解を深めましょう。

毛周期とは

毛周期とは、毛が生えだしてから成長し、抜けるまでの一連のサイクルです。成長期、退行期、休止期の3つの期間を繰り返すことで成り立っています。

それぞれの期間については、下記でより詳しく見ていきましょう。

成長期で毛が作られ伸びる

成長期は、新たな毛が成長する時期です。大きく2つの時期に分けることができます。

前期は、バルジ領域から作り出される発毛因子『毛母細胞』が『毛乳頭細胞』からの命令で細胞分裂することで毛を増やす時期です。毛が成長して肌の表面に現れる時期が後期となります。

毛根が深く、毛を黒く見せているメラニン色素が濃くなる時期が成長期です。脱毛効果が期待できるタイミングでもあります。

退行期、休止期で毛乳頭から離れていく

成長を続ける毛もいずれ成長を止めます。この時期を『退行期』といい、毛が弱まり、やがて毛根から離れて抜けていきます。メラニン色素が薄くなることで、脱毛の施術を行ってもあまり効果が期待できない時期です。

休止期には、毛の成長が止まります。毛根から毛が離れて、新しい毛を成長させる準備を行う期間が休止期です。この時期の施術は、毛周期の中でももっとも効果が見込めません。

脱毛をするベストなタイミング

光脱毛をするのにベストなタイミングは成長期です。なぜこの時期がよいのかを、毛周期のサイクルと脱毛の仕組みとともに見ていきましょう。

成長期の照射で減毛する仕組み

光脱毛は、レーザー脱毛よりも弱い出力の光を毛根またはその周辺の細胞に当てて熱で減毛していく仕組みです。やはり成長期に施術を行うのがベストタイミングとされるため、個々の毛周期を見極めて成長期にあわせて施術を行います。

なお、光脱毛の場合は『減毛』という表現を使いますが、『永久脱毛』は医療用脱毛のみでしか使えない表現と法的に定められていて、効果基準にも違いがあります。

IPL脱毛とSSC脱毛は成長期に照射

光脱毛の中には、メラニン色素に反応する『IPL脱毛』と、毛の成長を抑える『SSC脱毛』があります。この2つの方法も前述した理由と同じで成長期に行われます。

施術は1~2カ月に1回のサイクルで行われ、効果を実感するのに1年以上かかることも珍しくありません。

正確に毛周期を見分けることはできない

成長期に施術を行うことが脱毛ではベストとされていますが、実は毛周期を正確に見極めるのはかなり難しいとされています。その理由と対策について解説します。

部位ごとに毛周期は異なり、個人差も

毛周期は人間1人1人で異なるだけでなく、1人の人間でも部位によって異なるという特徴が毛周期にはあります。

例えば、腕や足の毛周期はおおよそ半年です。VIOの場合はさらに長く、一巡するまでに1年以上かかります。

加えて、見た目で周期を見分ける方法もなく、おおよその見極めしかできないのが現状です。

適切な間隔をあけて繰り返すことが大事

毛周期は個人や部位によって差があるだけでなく、1本1本が違うため、すべての毛を成長期に施術することはほぼ不可能です。

そのため、脱毛の施術は毛周期よりも短いサイクルで行うとよいとされています。主に1~2カ月に1回のペースで施術を行うと、ちょうど成長期の毛が多い時期に重ねることができます。

満足のいく結果を感じていただくために

脱毛を続けてもなかなか減毛できないというケースも少なくありません。満足のいく脱毛結果を得るために、脱毛中のお客様にはどのようなことを気をつけていただけばよいのでしょうか。

自己処理については十分に説明する

お客様が自分で脱毛する、ムダ毛の処理を行うことについては十分に説明しましょう。毛抜きや除毛クリームなどを使用すると肌を傷めてしまうことがあります。肌を傷めてしまった場合、サロン・医療機関での施術が行えなくなってしまうことも説明が必要です。

また、肌が乾燥しすぎている場合や、施術前12時間以内に飲酒を行った場合も施術ができなくなる可能性があります。毛抜きで無理矢理引っ張ったりしない、施術前には飲酒しないといった注意点は十分に説明しましょう。

ペースを守って通えるようサポートを

脱毛は一般的に毛周期にあわせて行うことがベストなため、ペースが不安定になったり、間が空きすぎてしまうと、効果を得にくくなります。そうなると、施術を完了するまでの期間が後ろ倒しになってしまう可能性が高くなるでしょう。

お客様には、施術のペースを守ってもらえるよう、なぜペースを守ることが重要なのかを説明し、万が一キャンセルされた場合でも、その後のフォローなどを速やかに行える態勢を築けるようサポートしましょう。

まとめ

毛周期と脱毛は密接な関係にあります。毛周期に合わせて脱毛することで効果が高まり、よりお客様に満足いただける結果を提供することが可能です。

光脱毛やレーザー脱毛の施術は、ペースを守ってもらうことが大切です。脱毛の効果がより高まるように、脱毛中に気をつけるべきことや、なぜペースを守らなければならないのかをお客様に丁寧に説明しましょう。

効果を得るために必要な注意点について納得した上で、しっかりと通ってもらえるようサポートすることが大切です。お客様のサポートのため、毛周期の他にも色々と抑えておくべきポイントもございますので、困っていることや気になっていることがあれば是非一度コンフォートジャパンにご相談ください。サロンの開業支援も行っていますのできっとお力に慣れると思います。

[開業支援はこちら]

[導入事例はこちら]