光脱毛とレーザー脱毛の違いは?効果や仕組みについて徹底解説!

光脱毛とレーザー脱毛の違いは?効果や仕組みについて徹底解説!

脱毛にはいくつかの種類があります。今回は光脱毛とレーザー脱毛に焦点を当てて、その違いについて詳しく解説します。それぞれの施術の効果やメリット・デメリットを比較し、導入する際の判断材料としてみてください。

光脱毛とレーザー脱毛の特徴

脱毛方法にはいくつかの種類がありますが、その中でも『光脱毛』と『レーザー脱毛』の違いについて解説します。それぞれの施術の概要や大きな違いについて、まずは把握しましょう。

主にエステサロンで行う『光脱毛』

光脱毛とは、複数の波長を持つ光を毛根部に当てて、毛が作られる働きを弱める脱毛方法のことです。フラッシュ脱毛とも呼ばれています。

光脱毛の中にも「IPL」「LED」など、使用する機器によって種類があります。レーザー出力の弱い光脱毛は特別な免許や資格がなくても行えるため、エステサロンでも使用することが可能です。

医療機関でのみ導入『レーザー脱毛』

レーザー脱毛とは、光脱毛と同じく毛根部に光を当てて、毛が作られる働きを弱める脱毛方法になります。ただし、使われるレーザーの出力に大きな違いがあり、レーザー脱毛の方が出力が強く、1回あたりの効果も高くなっています。

レーザー脱毛を行うには、医師免許を取得している必要があり、通常のエステサロンで使用することはできません。機器を購入する費用についても、レーザー脱毛の方が光脱毛と比べて高額となっています。

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

光脱毛とレーザー脱毛は原理としては同じですが、効果や痛みの強さなどに大きな違いがあります。どのような違いがあるのかを、具体的に見ていきましょう。

1回あたりの効果

レーザー脱毛と光脱毛は、照射する光の種類と出力が違います。レーザー脱毛の方がより高い出力で施術を行います。

また、光脱毛が波長幅が広い光を採用しているのに対し、レーザー脱毛の場合は毛に対して作用しやすい特定の波長の光のみを使用しています。そのため、レーザー脱毛の方が光脱毛よりも1回あたりの効果は高くなるのです。

痛みの強さ

レーザー脱毛は、医療用のレーザーを毛根のメラニン色素に反応したレーザーが熱を発し、毛根を刺激することで脱毛します。その際には約250度以上の熱を発するため、強い痛みを伴うことがあります。

一方で光脱毛の場合は、毛根に光を照射をすることで、毛の発育を遅らせていく脱毛方法になります。照射時の温度は60~70度となっており、医療用レーザーよりも低めです。

この点から、光脱毛の方がレーザー脱毛よりも痛みが少ないと言われています。

施術の回数

上述したように、レーザー脱毛とは強い光を毛根に照射し効果の高い施術であるのに対し、光脱毛は毛根に光を照射し成長を遅らせ、毛を細くしたり薄くしたりする程度に留まります。

そのため、光脱毛の方がレーザー脱毛よりも1回あたりの効果が薄く、回数を重ねる必要があります。

光脱毛は一般的には15回程度の施術が必要と言われており、毛周期に合わせて施術を行っていくと、効果を実感するまでには2年以上の歳月が必要です。

一方でレーザー脱毛の場合は、5~8回程度で自己処理の手間が減るほどの効果が現れます。期間は8カ月から1年半程度と、光脱毛よりはかなり短くなっています。

資格の必要の有無

光脱毛の施術を行うにあたっては、基本的には資格は必要ありません。「CPE(認定電気脱毛士)」「認定トータルエステティックアドバイザー資格」「認定上級エステティシャン」といったエステに関する資格は多数ありますが、脱毛の施術自体は資格がなくても、エステサロンが用意する研修を経て行う事ができます。

一方で医療用レーザー脱毛を行うには、国家資格が必要となります。そのため、国家資格を有している医師や看護師のみが、医療用レーザー脱毛を行うことが可能です。

光脱毛のメリット・デメリット

光脱毛について、さらに詳しく解説します。光脱毛を行う上でのメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

痛みが少なくコスパが良い

光脱毛はレーザー脱毛やニードル脱毛などの施術と比べると痛みが少ないのが特徴です。そのため痛みに弱い、慣れていないお客様のニーズに対しても対応がしやすいというメリットがあります。

ただし、まったく痛みがないということではなく、部位によって痛みの度合いに違いがある点については、あらかじめ説明する必要があるでしょう。

医療用資格が不要な点や、光脱毛の機器自体は扱いが簡単なため、スタッフの育成という点から見てもコスパが良く、機器自体も約140~680万円程度と、レーザー脱毛の機器と比べて安く購入することができます。

資格が必要ない

光脱毛を行うにあたっては、医療免許や開業資格は必要ありません。学歴や年齢制限もなく、どこかに登録するといった義務もないのが、光脱毛の特徴です。

開業しやすいというメリットがある一方で、お客様との信用を築くのが難しいといったデメリットもあります。

そのため、エステサロンを開業するにあたっては民間資格を取得してから行う人も少なくありません。CPE(認定電気脱毛士)」「認定トータルエステティックアドバイザー資格」「認定上級エステティシャン」などの資格は、自分の持っている知識や技術を証明するために便利な資格です。

こうした民間資格を取得することで、お客様からの信用を獲得しやすいというメリットも生まれます。

永久脱毛ができない

光脱毛は毛根へ光を照射して、毛を細くしたりムダ毛が生えにくくします。毛根細胞を刺激することで、その効果は抑毛、減毛に留まるのが特徴です。光脱毛では完全な永久脱毛は難しいと言えるでしょう。

そのため、時間をおいた場合にまた毛が生えてくる場合もありますし、生えてくる量は減ったものの完全に生えなくなる訳ではないということを、あらかじめお客様に説明しておく必要があります。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

続いてはレーザー脱毛の特徴について解説します。レーザー脱毛にどのようなメリット・デメリットがあるのかを把握しましょう。

施術が終われば永久に脱毛可能

医療レーザーを使った脱毛は、毛根の細胞に強い光を照射することで、永久に毛を生えなくさせるための施術です。そのため光脱毛とは大きく異なり、施術が終われば永久に脱毛することが可能となります。

もっとも、医療機関での自由診療として施術を行うために施術費用が高額になってしまう点や、妊婦や皮膚に疾患がある方への施術が難しい点など、施術を行える条件も厳しくなってしまう点についてはあらかじめ説明することが求められます。

医師免許がないと購入できない

レーザー脱毛に使う脱毛機器は、医療免許がないと購入自体ができません。医師免許を持たずにレーザー脱毛機器を購入して施術を行うと、医師法律違反となって逮捕されることもあります。

機器自体も光脱毛の機器と比べて非常に高額で、1000万円を超えるものが一般的となります。

まとめ

光脱毛とレーザー脱毛は、光を毛根に照射して施術を行うという形式自体は似ていますが、細かくみていくとさまざまな違いがあります。

光脱毛ではコストも安く、医療用免許が必要ないといったメリットがある一方で、その効果は抑毛・減毛に留まってしまいます。一方のレーザー脱毛は医療用免許が必要ですが、その分高い効果が見込まれる施術を行うことが可能です。

機器の購入や開業を考えるにあたって、どちらの施術を用いるかは、それぞれの特徴や必要な資格から、十分に検討する必要があります。

光脱毛の導入をお考えであれば、是非コンフォートジャパンにご相談ください。安全性とお客様満足度の両方を叶える脱毛機、「ルネッサンスシリーズ」をはじめ、様々な商品と弊社の知見で開業をサポートいたします。

 

[製品一覧はこちら]

[開業支援はこちら]

 

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。