更新日:2022.11.08

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?種類別に仕組みや効果について解説

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?種類別に仕組みや効果について解説

「光脱毛とレーザー脱毛はどんな違いがあるんだろう?」と疑問を感じている方は多いのではないでしょうか。

光脱毛とレーザー脱毛は、脱毛方式・必要な施術回数や期間・痛み・安全性などさまざまな違いがあります。

この記事では光脱毛とレーザー脱毛の違いについて詳しく解説します。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

まずは光脱毛とレーザー脱毛の主な違いを以下にまとめました。

 

 

光脱毛

レーザー脱毛

脱毛方式

低い出力の光でバルジ領域にアプローチする

高い出力のレーザーで毛根を破壊する

得られる効果

減毛・抑毛効果

永久脱毛

回数

12〜18回

5〜8回

期間

   

痛み

ほとんどない

強い痛みがある

※レーザーの種類によって異なる

トラブル時の対応

医療機関を紹介

医師・看護師がすぐに対応

 

光脱毛とレーザー脱毛は『肌に光やレーザーを照射して脱毛する』という共通点はありますが、得られる効果や必要な施術回数、痛みや安全性などさまざまな違いがあります。

ここからはそれぞれの違いについて詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
光脱毛とレーザー脱毛の違いは?効果や仕組みについて徹底解説!

光脱毛とは

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、主に脱毛サロンやエステサロンで導入されています。

黒いメラニン色素に反応する光を肌に照射し、発毛細胞にダメージを加えることで一時的な抑毛・減毛効果を得ることが可能です。

光脱毛には『IPL脱毛』『S.S.C脱毛』『SHR脱毛』の3種類があり、それぞれ脱毛方法や得意とする毛質、得られる効果が異なります。

光脱毛の特徴

 

IPL脱毛

S.S.C脱毛

SHR脱毛

脱毛方法

黒いメラニン色素に反応する光を照射する

抑毛効果のあるジェルを塗布し、その上から光を照射する

弱い出力の光でバルジ領域にダメージを与える

得意な毛質

濃く太い毛

濃く太い毛・産毛

普通毛・産毛

照射可能な肌質

普通肌

普通肌・日焼け肌

普通肌・日焼け肌

メリット

効果をすぐに実感しやすい

濃く太い毛に効果が出やすい

痛みが少ない

産毛にも効果を期待できる

美肌効果が期待できる

痛みが少ない

産毛にも効果がある

日焼け肌でも照射できる

デメリット

日焼け肌は照射できない

痛みを感じる可能性がある

ジェルの不快感を感じる場合がある

効果を感じるまでに時間がかかる

効果を実感するまでに時間がかかる

導入しているサロンが少ない

光脱毛の主な種類は上記の通りです。

『IPL脱毛』は『インテンスパルスライト』の略称で、黒いメラニン色素に反応する光を照射することで毛根にダメージを与える脱毛方式のことです。

光脱毛の中で最も主流な脱毛方式で、多くの脱毛サロン・エステサロンで導入されています。

IPL脱毛の特徴は、メラニン色素が多い濃くて太い毛に高い脱毛効果を発揮することです。施術から1〜2週間程度で自然と毛が抜け落ち、3〜5回程施術を受けると抑毛・減毛効果を実感できます。

『S.S.C脱毛』は『スムーススキンコントロール』の略称です。抑毛成分を含んだ専用ジェルを肌に塗布し、その上からクリンプトンライトを照射することで抑毛成分が効果を発揮して毛の生成を抑えます。

濃い毛・太い毛だけでなく、産毛への効果も期待できるのが特徴です。

IPL脱毛やレーザー脱毛と比べて痛みや肌への負担が少ないというメリットがありますが、その分効果を実感するまでに時間がかかる点がデメリットです。

『SHR脱毛』は『スーパーヘアリムーバブル』の略称で、『蓄熱式脱毛』とも呼ばれています。IPL脱毛・S.S.C脱毛とは違い、表皮に近いバルジ領域(毛の生成を促す司令塔)をターゲットにしているのが特徴です。

メラニン色素に関係ない脱毛方式のため、一般的に難しいとされている日焼け肌・色黒肌にも照射できます。また、毛周期に関係なく施術できるため、最短2週間に1回施術を受けることが可能です。

SHR脱毛は今生えている毛ではなく、これから生えてくる毛にダメージを与える脱毛方式なので効果を感じるまでに時間がかかります。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは以下の通りです。

  • レーザー脱毛より痛みを感じにくい
  • 1回の費用がレーザー脱毛より安い
  • 脱毛効果だけでなく美肌効果も期待できる

光脱毛の大きなメリットはレーザー脱毛と比べて痛みや肌への負担が少ないことです。

レーザー脱毛は狭い範囲にピンポイントでレーザーを照射しますが、光脱毛は弱い出力の光を広範囲に照射します。そのため痛みや肌への負担を抑えて脱毛を行うことが可能です。

また、IPL脱毛やS.S.C脱毛は脱毛効果だけでなく、美肌効果も期待できます。痛みや肌への負担が少ない脱毛を受けたい方や、脱毛しつつ美肌を目指したい方には光脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで導入されている脱毛方式です。

黒いメラニン色素に反応する特殊なレーザーを肌に照射し、発毛組織を破壊して『永久脱毛』を目指します。光脱毛と違い「発毛組織を破壊する効果」があるため、医療機関でしか取り扱いを認められていません。

POINT:永久脱毛とは?

「永久脱毛」は、AEA(米国電気脱毛協会)・FDA(アメリカ食品医薬品局)によって以下のように定義づけられています。

・最後の脱毛から1ヶ月後に毛の再生率が20%以下

・3回の脱毛後6ヶ月経過した段階で脱毛前より67%以上減っている

永久脱毛を目指せるのはレーザー脱毛だけで、光脱毛の効果は抑毛・減毛効果に留まります。

レーザー脱毛の特徴

クリニックで導入されているレーザー脱毛機には『アレキサンドライトレーザー』『ダイオードレーザー』『ヤグレーザー』の3種類があり、それぞれ得意とする毛質や肌質が異なります。

 

 

アレキサンドライトレーザー

ダイオードレーザー

ヤグレーザー

波長

755nm

800〜940nm

1064nm

脱毛方式

熱波壊式

蓄熱式・熱波壊式

熱波壊式

得意な毛質

濃くて太い毛

濃い毛・産毛

濃い毛・根深い毛

肌質

普通肌

普通肌・日焼け肌

普通肌・日焼け肌

痛み

強い

弱い

かなり強い

特徴

メラニン色素によく反応する

波長が短く肌の浅い部分に作用する

脱毛方式が2種類ある

痛みが少なく日焼け肌にも照射できる

肌の奥深くに届く

波長が長い

レーザーの種類によって適した肌質・毛質が異なるため、クリニックでは脱毛機器を使い分けて施術を行っています。

どの脱毛方式も複数回施術を繰り返すことで永久脱毛を目指すことが可能です。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットは以下の通りです。

  • 永久脱毛を目指せる
  • 少ない施術回数で効果を感じられる
  • 医師や看護師が施術を行ってくれる

レーザー脱毛の大きなメリットは永久脱毛を目指せることです。複数回施術を繰り返すことで、自己処理が必要ない状態になることができます。

光脱毛と比べて出力の高いレーザーを使用するため、1回の施術で得られる効果が大きいのも特徴です。

個人差はありますが、5〜8回程の施術で自己処理が不要な程度まで脱毛できます。

また、医療脱毛クリニックには医師や看護師が常駐しているため、万が一トラブルが発生してもすぐに対応してもらうことが可能です。

短期間でしっかり脱毛効果を得たい方、医師や看護師による施術を受けたい方にはレーザー脱毛が適しています。

光脱毛とレーザー脱毛の脱毛方法

  

光脱毛とレーザー脱毛は、脱毛方式の原理には違いがありません。

どちらの脱毛方式も黒いメラニン色素に反応する光・レーザーを照射することで、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え毛の生成を抑制します。

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、使用するレーザー・光の波長、照射パワーの強さです。それぞれの脱毛方式について詳しく解説します。

光脱毛の脱毛方法

光脱毛では弱い出力の光を使用して施術を行います。

照射パワーを強くすると火傷や炎症などのトラブルのリスクが高まるため、脱毛サロンで高出力の施術を行うことは認められていません。

光脱毛で使用する光の波長は500〜1200nmと幅広く、一度の照射で広範囲に熱エネルギーを届けることが可能です。

レーザー脱毛の脱毛方法

レーザー脱毛では黒いメラニン色素に反応するレーザーを使用します。

レーザーを肌表面に照射すると毛のメラニン色素に反応して熱を発し、その熱エネルギーが発毛組織を破壊することで脱毛できるという仕組みです。

レーザーのよるダメージを受けた毛根からは再度毛が生えることはありません。

一度の施術で全体の20%程度の毛にアプローチできるとされているため、5〜8回施術を繰り返すことで全体の脱毛を完了できます。

光脱毛とレーザー脱毛の効果

光脱毛とレーザー脱毛の最も大きな違いは得られる効果です。

光脱毛は「抑毛・減毛効果」を得られるのに対し、レーザー脱毛では「永久脱毛効果」を得られます。それぞれの得られる効果について詳しく解説します。

光脱毛の効果について

光脱毛で得られる効果は『抑毛・減毛効果』です。弱い出力の光で発毛組織にダメージを与えることで、毛が生えにくい状態を目指せます。

複数回繰り返し施術を受けると毛が生えるペースも遅くなるため、自己処理の回数を減らすことが可能です。自己処理をする必要がなくなることで、カミソリやシェーバーによる肌トラブルも軽減できます。

また、光脱毛は脱毛機の種類によっては美肌効果も得られるものがあります。脱毛効果を得つつ、美肌効果も期待したい方は光脱毛を受けるのがおすすめです。

レーザー脱毛の効果について

レーザー脱毛では『永久脱毛効果』を得ることが可能です。

永久脱毛効果を得られるのは、クリニックで受けられる医療レーザー脱毛とされています。毛が生えてこない状態を目指したい方は、医療レーザー脱毛を受けるのがおすすめです。

光脱毛とレーザー脱毛の回数

 

脱毛方式

必要な施術回数

光脱毛

12〜18回

レーザー脱毛

5〜8回

光脱毛とレーザー脱毛に必要な施術回数は上記の通りです。それぞれ何回の施術でどのくらいの効果を得られるのか詳しく解説します。

光脱毛に必要な回数は12〜18回程度

光脱毛で自己処理が不要になるまでには12〜18回程度の施術が必要とされています。

効果の感じ方には個人差がありますが、以下のようなペースで効果を実感することが可能です。

 

回数

効果

6回程度

抑毛・減毛を実感する

12回程度

自己処理が楽になる

18回程度

自己処理の必要がなくなる

人によって異なりますが、6回程度施術を受けると毛が減ったことを実感する方が多いようです。12回程施術を受けると自己処理が楽になり、18回以上受けると自己処理をしなくてもムダ毛が気にならない状態になります。

人によっては自己処理が不要になるまでに18回以上施術を受ける方もいるようです。

光脱毛の効果は抑毛・減毛のため、脱毛をやめていると再度毛が生えてくる可能性があります。

レーザー脱毛に必要な回数は5〜8回程度

 

回数

効果

3回程度

毛が減ったのを実感する

5回程度

自己処理が楽になる

8回程度

自己処理の必要がなくなる

レーザー脱毛で自己処理が不要になるまでには5〜8回程度の施術が必要とされています。毛根を破壊できるレーザー脱毛は、一度レーザーを照射した毛根から再度毛が生えてくることはありません。

一度の施術で全体の20%程度の毛を脱毛できるため、5〜8回程度施術を繰り返すことで全ての毛を脱毛することが可能です。

光脱毛とレーザー脱毛の痛み

光脱毛とレーザー脱毛では痛みの感じ方にも違いがあります。光脱毛はレーザー脱毛と比べると痛みを感じにくいのが特徴です。それぞれどのような痛みを感じるのか詳しく解説します。

光脱毛の痛み

光脱毛は照射時の出力が弱いため、痛みを感じることはほとんどありません。特にS.S.C脱毛・SHR脱毛はほぼ痛みを感じないのが特徴です。

IPL脱毛はS.S.C脱毛・SHR脱毛と比べると痛みを感じる可能性はありますが、レーザー脱毛よりは弱い痛みなので痛みが苦手な方でも施術を受けやすいでしょう。

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛は使用する脱毛機によって異なるものの、レーザー照射時に輪ゴムでパチンと弾いたような強い痛みを感じる可能性があります。『熱波壊式脱毛』は痛みが強く、『蓄熱式脱毛』は痛みが弱いのが特徴です。

ただ、レーザー脱毛を導入しているクリニックは医療機関のため麻酔を使用できます。痛みが不安な方や肌が弱い方でも、麻酔を使用することで痛みを感じずに施術を受けることが可能です。

光脱毛とレーザー脱毛の安全性とトラブル時の対応方法

脱毛は美容整形などと比べるとダウンタイムやトラブルのリスクが少ない施術ではありますが、絶対に安全とは言い切れません。

ここでは光脱毛とレーザー脱毛の安全性と、万が一トラブルが起きた際の対応方法について解説します。

光脱毛の安全性とトラブル時の対応方法

光脱毛を導入している脱毛サロン・エステサロンでは、資格を持っていないサロンスタッフが施術を行います。資格を持った医師・看護師による施術ではない点は、お客様にとって不安な要素になるでしょう。

また、脱毛サロンには医師・看護師などの医療従事者が常駐していないため、トラブルが起きてもすぐに対応できません。万が一、火傷や炎症などのトラブルが起きた時は、お客様自身で病院を受診してもらう必要があります。

レーザー脱毛の安全性とトラブル時の対応方法

レーザー脱毛は医師の指導のもと、有資格者である看護師が安全性・効果が認められた機器を使用して施術を行います。

万が一トラブルが起きた場合も、すぐに診察・治療・薬の処方を受けられるのが特徴です。医療資格を持った看護師の施術を受けられること、トラブル時もすぐに対応してもらえることはお客様にとって安心できるポイントといえます。

まとめ

今回は光脱毛とレーザー脱毛の違いについて解説しました。

光脱毛は脱毛サロンやエステサロンで導入されている脱毛方式で、弱い光で発毛組織にダメージを与えることで抑毛・減毛を目指せます。

レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関で導入されている脱毛方式で、強い出力のレーザーで発毛組織を破壊し永久脱毛を目指すことが可能です。

光脱毛とレーザー脱毛は、脱毛方法・効果・痛み・必要な回数などが異なります。それぞれメリット・デメリットがあるため、違いを理解した上でお客様におすすめできるようにしましょう。

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。