エステサロンの業務用脱毛機の選び方やメリットについて徹底解説

エステサロンの業務用脱毛機の選び方やメリットについて徹底解説

エステサロンを開業する際に、肝となるのは『業務用脱毛機器の選び方』です。どのような脱毛機器を選ぶかによって、サロンの運営が左右されるといっても過言ではありません。今回は業務用脱毛機器の選び方や注意点について解説します。

脱毛サロンと医療脱毛の違いとは?


脱毛サロンと医療脱毛で扱える脱毛方法は異なります。脱毛サロンが扱うのは主に『光脱毛(フラッシュ脱毛)』・脱毛クリニックで扱うのは『医療レーザー脱毛』です。

まずは基礎知識として、それぞれの脱毛方法の違いについて見ていきましょう。

光エステ脱毛と医療レーザー脱毛は異なる


医療レーザー脱毛は、毛が生えなくなる『永久脱毛』で、医療行為に該当します。医療資格を持つ医師・看護師だけが施術可能です。

脱毛回数は5~8回が目安で、期間は1~2年で完了します。毛が生えなくなる『永久脱毛』ですが、施術には痛みを感じやすいです。

一方、光脱毛は、施術者に特別な資格は必要ありません。脱毛に関する知識・脱毛機器を扱う技術を習得すれば、誰でも施術できます。

脱毛回数は12~18回が目安で、期間は2~3年は必要です。毛の生成を抑制する『減毛』を目的としており、完全に毛がなくなるわけではありません。

とはいえ、回数を重ねるごとに毛は細く薄くなり、自己処理は楽になります。医療脱毛と比べると痛みも抑えられるでしょう。

業務用脱毛機は3種類


業務用の脱毛方法は、大きく分けて光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の3種類です。それぞれの脱毛方法の特徴について解説します。

光脱毛


光脱毛は、脱毛エステサロンが扱える脱毛方法です。肌に光を照射し、毛を生やすもとになる組織にアプローチして、減耗を目指す脱毛処理を行います。

主な光脱毛の方法は、従来から行われる脱毛方法である『IPL脱毛』・産毛のような薄い毛も脱毛できる『SHR脱毛』・毛の成長を抑制する『SSC脱毛』の3種類です。

光脱毛は、ほかの脱毛法と比較すると、1回あたりの施術時間が短く、施術料金もリーズナブルな傾向があります。

痛みが少ないこともあり、気軽に脱毛を試したい層から特に人気の脱毛方法です。

レーザー脱毛


医療行為であるレーザー脱毛は、医療機関のみが扱える脱毛方法です。光脱毛よりも強い光を肌に照射することで、毛が生えてこないようにします。

光脱毛よりも高い脱毛効果が期待できますが、施術時の痛みは強めです。痛みが気になるお客様に対しては、麻酔クリームや笑気麻酔のような弱い麻酔を処方する必要があるでしょう。

また、光脱毛と比べると短期間で脱毛が完了します。料金は高額になる傾向がありますが、高い脱毛効果を期待する人や短期間で脱毛を完了したい人に人気です。

ニードル脱毛


ニードル脱毛は、別名『電気脱毛』とも呼ばれる脱毛方法です。レーザー脱毛と同じく有資格者のみが施術可能ですが、医療行為ではないためエステサロンでも扱えます。

ニードル脱毛では、毛が生えている毛穴一つ一つに特殊な針を刺し、刺した針に電気や高周波を流すことで脱毛処理を行います。

基本的にニードル脱毛を行った毛根からは、二度と毛が生えてくることはないため、高い脱毛効果が見込めるでしょう。

ただし、三つの脱毛方法の中で最も痛みが強いといわれています。加えて毛穴に針を通す繊細な作業が求められ、1回あたりの施術時間も長めです。

そのため、全身ではなく部分的に脱毛したい人に好まれる脱毛方法といえます。

業務用脱毛器の特徴3つ


脱毛サロンを開業する際に必要となるのは『業務用脱毛機』です。家庭用の脱毛機とは違いサイズも大きく、出力できるパワーもアップしています。

ここでは業務用脱毛機の三つの特徴について確認しましょう。

脱毛の効率化


業務用脱毛機は『効率よく作業できる』ことが特徴の一つです。1回の照射範囲が広いため、時間をかけずに脱毛処理できます。

脱毛サロンを開業する際は、回転率を上げることが重要です。単価が高い施術を中心に行っていたとしても、1人あたりの施術時間が何時間もかかってしまうようでは、高い収益率を見込むことは難しいといえます。

効率よく作業できる業務用脱毛機であれば、施術時間を短縮できるため、多くの顧客に施術を行うことにつながるでしょう。

安全性が高い


『安全性が高い』ことも業務用脱毛機の特徴です。脱毛は少なからず肌に負担がかかりますが、業務用脱毛機は肌への負担を最小限に留めるように作られています。

業務用とはいえ、操作方法はシンプルなものが多いです。扱いやすいものが多いため、施術時のトラブルを抑制してくれるでしょう。

また、冷却機能を備えている脱毛機器であれば、照射時の痛みや熱さを和らげてくれるでしょう。

お客様の中には「脱毛の痛みが気になる」人も多いため、痛みが少ない脱毛機器を取り入れることをアピールすることで、利用者が増える可能性があります。

品質保証がついている


業務用脱毛機は『品質保証』がついていることもポイントです。脱毛機器は機械である以上、使用している内にトラブルや故障が発生する可能性も十分にあります。

その際に、信頼できるメーカーから購入していれば、責任を持って対応してくれます。平日・土日・祝日でも対応しているメーカーであれば、万が一のトラブルの際でも安心です。

また、保証期間にも注目です。保証期間は、脱毛機器のおおよその耐久性を示しています。

期間が長いもののほうが耐久性が高い可能性が高く、最低でも2年以上の保証期間がついている脱毛機器を選ぶとよいでしょう。

業務用脱毛機の選び方


脱毛サロンの開業を検討する方の多くは「どこに注目して選べばいいのか分からない」「決め手はどこになるのか」と悩まれているのではないでしょうか?

ここでは、業務用脱毛機を選ぶ際の要点について解説します。

失敗しないために3つ意識しましょう


業務用脱毛機を選びを失敗しないためには、『コストパフォーマンス』『性能』『実績・サポート』の三つを意識することが大切です。

脱毛機器の価格が安価であったとしても、1ショットあたりの単価が高くなる・故障のリスクが高い製品では、ランニングコストは高くなる傾向があります。

業務用脱毛機器を選ぶときは、脱毛効果の高さだけでなく、1回あたりの施術の回転率がよい・操作性がスムーズ・幅広い毛質・肌に対応した脱毛方式のマシンだと、総合的なコストパフォーマンスは向上するでしょう。

また、導入後のサポート体制が充実している製品であることも重要です。品質保証・メンテナンス体制・返金保証などがついているか確認しておきましょう。

選ぶ際の注意事項


業務用脱毛機器を選ぶ際は、広告やパンフレットに書いてあることだけを鵜呑みにしないように注意が必要です。

検索結果の上位に表示される・口コミサイトが多い・魅力的な文言が記載されているからといって、必ずしも脱毛機器自体がよいものであるとは限りません。

中には業務用脱毛機器のメーカーがPR目的で広告費を払っているケースもあるため、検索の上位=信頼できると安易に導入するのは得策ではないといえるでしょう。

そのため、業務用脱毛機は、実際に使用する・メーカー担当者の話を聞いた上で比較することが大切です。

おすすめの業務用脱毛機


業務用脱毛機器の選び方に迷う人に向けて、おすすめの脱毛機器を紹介します。

気になるポイントがあれば、メーカーに問い合わせ、事物を手にする・使用してみることをおすすめします。

ルネッサンス社の光エステ脱毛機がおすすめ


株式会社コンフォートジャパンの『ルネッサンスシリーズ』は、シリーズ累計3000台以上の導入実績がある業務用光脱毛機器です。部品から製造まで一貫して国内で行われている純国産の脱毛機器になります。

特におすすめの脱毛機器が『ルネッサンスUOMO(ウォモ)』です。ヒゲ脱毛モードを搭載したメンズ用の美容脱毛機器で、市場拡大が見込まれるメンズ脱毛業界で注目を集めています。

黒を基調としたスタイリッシュなボディは、サロンの雰囲気を格上げしてくれるはずです。卓上に置けるコンパクトサイズで、設置場所にも困りません。

最大保証期間3年間・機械トラブルに対応するPL保険加入済み・トラブルやクレームに対応するドクターサポートがついていることも魅力です。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスUOMO(ウォモ)
  • 公式サイト:商品ページ



まとめ


脱毛方法はは、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛の3種類あります。中でもエステサロンが扱えるのは光脱毛のみです。

エステサロンが脱毛機を選ぶときは、コストパフォーマンスだけでなく、1回あたりの施術の回転率・操作性のよさ・幅広い毛質や肌質に対応するマシンであるかどうかをチェックするようにしましょう。

また、導入後のサポート体制や品質保証があることも重要です。長い目で見て信頼できる製品を購入することが、健全なサロンの運営につながるでしょう。

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。