更新日:2022.09.07

LED脱毛とは?効果や仕組みは?メリット・デメリットを解説

LED脱毛とは?効果や仕組みは?メリット・デメリットを解説

『LED脱毛』はエステサロンが扱える光脱毛の一種です。

今回はLED脱毛の特徴やメリット・デメリット、の脱毛方式との違いについて紹介します。

脱毛サロンの開業を考えている方は、基本的な知識としてチェックしておきましょう。

LED脱毛とは

 

LED脱毛とは光脱毛の一種です。業務用脱毛で使用されることが多いキセノンランプ』を使用したフラッシュ式の光脱毛ではなく、高寿命のLEDランプを使用するため光源を低コストで照射することが可能な脱毛方法になります。

毛が生えるサイクルの『毛周期』に関係なく脱毛ができるため、キセノンランプを使った光脱毛よりも脱毛にかかる期間が短くなります。さらにメラニン色素の薄い産毛や、白髪にも使えるので、介護に向けてVIO脱毛したい方や、産毛の多い背中や、うなじの脱毛にも向いています。

毛のメラニン色素に反応するわけではないため、脱毛時の痛みが少なく、日焼けした肌や肌の色が濃い人にも照射が可能です。

 LED脱毛と他の脱毛の違いとは

LED脱毛は基本的な脱毛理論は、毛の毛発組織に光を照射する『IPL脱毛や、毛を包みこんでいる毛包にある『バルジ領域』にアプローチする『SHR脱毛と同じです。

IPL脱毛とは、幅広い波長をもつ『インテンス・パルス・ライト』を使用した脱毛方法で、毛のメラニン色素に反応して毛を弱らせ目立たなくさせます。ワキや、Vゾーンなどの濃く太い毛に反応しやすいため、剛毛が気になる人やメンズ脱毛にも向いています。

ただキセノンランプを使用したフラッシュ式脱毛と同じく、メラニン色素に反応しやすいため、産毛や白髪に反応しにくい面もあるので要注意です。

一方SHR脱毛は、波長の弱い光を肌に照射し照射時の熱を毛包に蓄積させる脱毛方法で、毛包にある毛の生成を促す『バルジ領域』にアプローチし、徐々に毛自体を目立たなくさせます。メラニン色素に反応するわけではないので毛周期に関係なく、白髪や、産毛・肌の色が濃い部分にもおすすめです。

また波長が弱い光を使用するので、脱毛時の痛みが他の脱毛法と比べて少ないのも特徴です。デリケートなVIO脱毛や、脱毛時の痛みが心配な人にも向いています。
ただ光の照射パワーが弱めのため、他の脱毛法よりも脱毛期間が長くなる可能性もあるので、短期間で効率的に脱毛をしたいときは注意が必要です。

脱毛方法によって使用されているランプの素材異なりますが、脱毛サロンで扱っている脱毛法は、毛を生成する指令を出すメラニン色素の濃い毛乳頭、または毛の生成を促すバルジ領域に働きかけて毛を目立たなくさせます。

 LED脱毛のメリット・デメリット

従来の光脱毛と、LED脱毛はどちらにもメリット・デメリットがあります。毛のメラニン色素に反応するフラッシュ式の光脱毛は、ワキやVラインのような太く色の濃い毛にしっかりと反応しやすい分、脱毛時の痛みを強く感じやすいという特徴がありました。
LED脱毛のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

LED脱毛のメリット

・ランニングコストが低い

光源としてLEDを使用している為、従来のキセノンランプと比較して光源寿命がかなり長くなります。

ただ脱毛機のランニングコストとはハンドピースの光源交換費以外にも、電気代や冷却水の購入代、メンテナンスの際の費用、送料等様々な費用も含みますので、詳しくは各メーカーにご確認ください。

・痛みが少ない

瞬間的に高い温度の熱を照射するわけではないので痛みを感じにくいです。

LED脱毛のデメリット

・効果実感に時間がかかる

出力は従来のキセノンランプと比べると優しいものが多く、効果を実感するまで時間がかかると言われています。

・機械本体が比較的高い

ランニングコストが低額な分、機械本体価格が比較的高額なものが多いようです。

 LED脱毛が向いている部位、向いていない部位

一般的な脱毛機と同じになります。

髭やVIOに関しては時間がかかるケースが多いようです。

まだLED脱毛機の流通量が少ないため、施術ケースがそこまで報告されておりませんが、体験した方の評価を聞くと通常の光脱毛に比べ、効果実感をするまで少し時間がかかるというお声が多いように感じました。

 LED脱毛の回数の目安と脱毛期間はどのくらい?

体毛に関して女性であれば12~15回、男性であれば12〜18回ほど通われる方が多いそうです。

通うペースは、部位に合わせて2週間から2か月に1度を推奨しているメーカーが多いようです。

 LED脱毛器を購入する際の注意点

業務用LED脱毛器は、海外メーカーから販売されているものがたくさんあります。日本のメーカーが海外の脱毛器を仲介し脱毛器の品質が保証されているものもありますが、それ以外に中国メーカーが格安で直接販売しているものもあるので注意が必要です。

格安で販売されている脱毛器は品質にバラつきがあり、中には安全装置が設置されていないものもあります。品質を保証する証明書がないケースも多いので、中国メーカーが直接販売しているものは避けた方が良いでしょう。

また海外メーカーが直接販売している業務用脱毛器は、脱毛器自体の価格が安くても、高額な輸送費がかかる場合があり、予想以上に経費がかさんでしまうケースも少なくありません。

業務用LED脱毛器を導入するときは、品質を保証してくれる日本のメーカーから購入、またはレンタルするのがおすすめです。

まとめ

LED脱毛も従来の脱毛も大きな違いはありません。

大きな違いとしては光源の寿命の長さと結果となります。

脱毛を行う上で切り離せない光源交換代がかなり抑えられる夢のような機械ではありますが、弊社の見解として脱毛方式として実用レベル且つ主流になるにはまだ時間がかかると考えております。

業務用脱毛機を選ぶときは、値段や脱毛方式だけでなく、

  • 信頼できるメーカーか
  • 購入後の保証があるか
  • 壊れにくいかどうか

などを確認することが大事です。

IPL脱毛機の導入をご検討でしたら、是非ともルネッサンスシリーズの導入をご検討ください。

デモ体験も無料で行っております。

【ルネッサンスsmartUOMOの詳細はこちら】

 

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。