失敗しない業務用脱毛機の選び方。導入前に確認しておきたい基準とは?

失敗しない業務用脱毛機の選び方。導入前に確認しておきたい基準とは?

業務用脱毛機は脱毛方式や機械の性能など、メーカーや製品によって違いがあります。店舗で導入する場合、どのような部分に注目して導入する機器を選べばよいのでしょうか?導入ポイントと、導入前に確認しておきたい基準について解説します。

脱毛の種類によって最適な機械が異なる

業務用脱毛機にはさまざまな種類があります。店舗にあった最適な脱毛機を選ぶには、自分の店舗ではどのような施術を行いたいのかを明確にすることが必要です。その上で、機械を選択することでお客さまに提供できるメニューをしっかりと取りそろえることができます。

永久脱毛は医療機関でのみ施術可能

日本で一般的に行われている脱毛の種類は、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の3つです。永久脱毛と呼べるのは、レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類で、レーザー脱毛術は医療機関のみで許可されています。

医療機関以外の店舗で脱毛機を導入するにあたっては、基本的に光脱毛になる点は理解しておきましょう。

光脱毛はエステサロンも扱える

エステサロンで主に扱えるのは、光脱毛です。光脱毛は、複数の波長をもつ光を肌に照射する方法で、主にIPL・SHR・SSCの3種類があります。

光脱毛は、永久脱毛ではなく減毛を目的とした施術です。個人差はありますが効果を感じるまでに時間がかかる点が特徴です。お客さまには、最低でも半年、長くて2年以上は施術に通って頂く必要があります。

メリットとして挙げられるのは、医療脱毛よりも痛みを感じにくいため、脱毛初心者の方にもハードルが低く、おすすめしやすい点です。

業務用脱毛機の選び方のポイント

業務用脱毛機を選ぶ際には、どのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。機械を選ぶ際に比較したいポイントについて解説します。

メーカーの実績

実績のあるメーカーは、導入やサポートがスムーズに行われる点がメリットです。他社にはないデータやノウハウを生かしたサービスを提供してもらえるでしょう。

機械のトラブル時の対応などアフターフォローを考えても、実績の豊富さは安心感につながります。導入サロン数や内容、評判などをあらかじめチェックしてみましょう。

機器の安全性と保証内容

脱毛機は、お客様の肌に直接触れる機器であるため、安全性と保証は最重要項目です。そのため、現品は必ず直接確認することをおすすめします。

自動停止機能や誤作動を予防する機能がついているかどうか、日本語の取扱説明書やサポートがあるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

加えて、保証内容についても確認が必要です。保証期間は1年程度の脱毛機が多いですが、保証期間が長いほど故障率が低いと考えられます。金額、返金保証の有無など具体的な内容について確認しておくことが重要です。

故障した場合のメンテナンス期間の長さ、対応までの時間などもチェックポイントとなります。

導入時のサポートとアフターフォロー

業務用脱毛機は、機械をサロンに導入して終わりというわけではありません。導入前、導入後のサポート内容もしっかりとチェックする必要があるでしょう。

導入前には、機械選定や支払い対応、脱毛機の使い方のレクチャーをしっかりしてくれるかどうかをチェックします。導入後は、問題が起こった際の対応の早さ、定期点検の期間といったアフターフォローの充実性がチェックポイントです。

メーカーによっては、導入時に脱毛機を体験させてくれる場合や、導入後にコンサルティング業務まで行ってくれるところもあります。このような点に着目しながら、どの機械を導入するかを選択することもひとつの方法です。

ターゲットに合わせた選び方

メーカーや店舗に合わせて脱毛機を選ぶことも大切ですが、どんなお客様をターゲットにしているかも、脱毛機を選ぶ重要なポイントになります。ターゲットに合わせた選び方についても、考慮しましょう。

メンズ脱毛専用の機能を搭載しているか

最近では、男性本人、またはパートナーの要望で男性の脱毛需要も高まっています。メンズ脱毛の機能として人気があるのが、ヒゲ脱毛です。ヒゲ脱毛ができる機能が搭載されていることも、脱毛機を選ぶ上でのポイントになるでしょう。

メンズ脱毛専用モード、カートリッジが搭載されている、痛みに配慮されている脱毛機を適切に選ぶことが求められます。

痛みに弱いお客様やキッズ脱毛に対応できるか

脱毛の際の痛みが苦手というお客様や、子ども用の脱毛に対応できると、顧客層が広がるでしょう。近年は痛みが少なく脱毛できる機器も登場しているため、チェックしてみましょう。

子どもの肌は大人より薄いため、痛みを感じやすく、ダメージを受けやすい傾向にあります。また、大人でもデリケートな部位の脱毛には痛みを伴うケースもあります。そのため、肌に配慮された脱毛機かどうかで判断することも検討してみましょう。

業務用脱毛機の性能を見るポイント

永久脱毛ではないといっても、ある程度の減毛効果が実感できなければ、お客様からの満足を得ることはできません。そのため、やはり脱毛機の性能は重要といえます。

脱毛機の性能を比較する場合、どの部分に注目すればよいのでしょうか。

ハンドピースの性能

ハンドピースは、脱毛機のパーツの中でも性能に大きく関わる部分です。操作性、重量について確認し、扱いやすいものを選ぶことをおすすめします。

熱くなりすぎないように冷却機能がついているものや、交換のしやすさ、肌にあたる部分の素材などを確認しましょう。軽くて持ちやすいものであれば、長時間の施術でも疲れません。ベストなパフォーマンスを発揮できるかで判断するとよいでしょう。

施術時間・照射スピード

施術時間は、短いほうがお客様からの満足度が高まる傾向にあります。施術時間に大きく関わってくるのが照射スピードです。

連続して照射できるものであれば、広い範囲の施術でも痛みや緊張が長く続かないため、お客さまのストレスを軽減できるでしょう。

加えて、施術時間を短くすることができれば、店舗の回転率を上げることができ、客数や売上を増やすことにもつながります。経営面も考慮して機械を選ぶことも大切なポイントです。

脱毛機の重さ

脱毛機の重さも重要な確認ポイントになります。特に個人店や小規模の店舗では、扱いやすい軽量の脱毛機のほうがよいでしょう。

重量があると配置や移動が大変になり、故障した場合の配送や修理費が高額になる可能性が高まります。

高性能な脱毛機は、それだけ顧客満足度やメニューの幅を増すことができる可能性があります。ただ、扱いにくさやメンテナンスの大変さなどを考えると、特に少数で経営している店舗では、重量についても検討しておく必要はあるでしょう。

実際の操作やランニングコストも考慮

業務用脱毛機を選ぶ際には、性能や規格も重要ですが、実際の操作性やランニングコストについても考慮することが必要です。低価格の脱毛機を買っても、ランニングコストが高ければ本末転倒といえます。

ランニングコストを抑えるポイントや、修理についても確認するようにしましょう。

導入前には知識をつけておきたい

機械を導入する前に、操作方法や故障した際のメンテナンスの手順などの知識を身につけておくことは大切です。

最近では、操作が簡単な脱毛機も多くなりました。とはいえ、お客様の前で操作に時間がかかったり、手間取ったりすることは避けなければなりません。特に、誤った方法で操作をすることはあってはならないことです。

導入のための研修を行っているメーカーもあります。デモ体験など、事前に知識を得る機会がある脱毛機のほうが、自信を持って施術を行えるようになるでしょう。

保証期間と修理費用も要確認

初期費用が安くても、保証期間が短かったり、修理費用が多くかかったりする脱毛機では、結果としてトータルコストが大きくかかってしまうことがあります。

業務用脱毛機は、高価な分だけ修理費も高額になることが多いため、保証期間は長いほうがコストを抑えられる可能性が高くなるでしょう。定期的なメンテナンスやパーツ交換など、保証をどれだけ受けられるかは重要なポイントです。

修理費用もあわせて確かめておきましょう。1回あたりの修理費用がどの程度かかるかを、保証期間や故障率とあわせてトータルで考えるようにするとよいでしょう。

まとめ

業務用脱毛機は決して安い買い物ではありません。お客様の満足度や、コストを抑えるためにも店舗にあったものを選ぶことが大切になります。

そのためには価格以外にも、性能や施術時間、対応できるターゲットの広さなど、多角的なポイントを比較することが重要です。修理費用や保証期間などを加味した上で、総合的にかかる費用から検討して、店舗にあった脱毛機を選びましょう。

コンフォートジャパンでは、業務用脱毛機「ルネッサンスシリーズ」の確かな実力・実績と、導入後の専任スタッフによるサポートで導入から運営までを全力サポートいたします。新たに業務用脱毛機を導入するにあたり、何か気になる点があれば是非お問い合わせください。

[導入後のサポートはこちら】