業務用脱毛機器の価格相場と選ぶポイントを解説

業務用脱毛機器の価格相場と選ぶポイントを解説

業務用脱毛機を選ぶ際に『価格』を気にする方も多いのではないでしょうか?業務用脱毛機は、1台100万円以上するものが多く、決して安い買い物ではありません。納得できる機器を購入できるように、価格相場や選ぶポイントをチェックしましょう。

業務用脱毛機の価格相場


脱毛サロンを経営する上で、業務用脱毛機の導入は欠かせないポイントです。導入の参考にするためにも、まずは業務用脱毛機の価格相場をチェックしましょう。

相場は150万~500万とピンキリ


業務用脱毛機の価格相場は、安価なものは150万円前後で購入できますが、高価なものは500万円以上するなどピンキリです。

100万円台の脱毛機は、中国製のものがほとんどで、3~10名程度の小規模なメーカーが販売しているケースが多いといわれています。

一方、400~500万円台の脱毛機は、中国製・国産に関わらず、多額な広告宣伝費をかけているメーカーが多いです。宣伝費が高額になる分、機器自体の価格も高めに設定されていると考えられます。

『200~300万円台』の脱毛機は、国産・海外産どちらの場合でも、ある程度の規模・体制を持つメーカーが提示する価格帯の平均です。

価格と性能のバランスがよく、信頼できる機器を扱っている可能性が高いといえるでしょう。

業務用脱毛機が高い理由


同じエステ業界でも、例えば痩身機器は100~300万円、美容機器は5~40万程度が相場です。

業務用脱毛機は相場が100万円を超えることを考えると、エステ業界が扱う機器の中でも高価な部類の機器といえるでしょう。

では、どうして業務用脱毛機は高いのでしょうか?理由を詳しく見ていきましょう。

サポートの手厚さと販売戦略が絡んでいる


業務用脱毛機の価格には、購入後のメンテナンスや故障時の修理対応などのアフターサービスも含まれています。サービスが手厚いことが、ほかの美容機器に比べて価格が高い理由の一つといえるでしょう。

中には、メーカー側の販売戦略が絡んでいるケースもあるため注意が必要です。例えば価格を高く設定することで「よいものに見せたい」「高性能な商品に見せたい」という狙いが隠れている場合があります。

また、有名人を広告塔にしている脱毛機は、広告費用も高くなるため、宣伝費が上乗せされる形で費用が高くなりやすいのです。

高価な機器=性能に優れているとは限らないため、価格に惑わされずに性能やサービス、サロンに合う機器であるかどうかに焦点を当てて選ぶことが大切です。

とはいえ、業務用脱毛機は昔に比べると低価格化しています。以前は1台600~1000万円していた時代があり、全身脱毛の施術料金も100万円程度が一般的でした。

現在は全身脱毛でも30~40万円でも施術できるようになり、比例するようにマシンのコストも安価になりつつあるのです。

目的別の業務用脱毛機を選ぶポイント


業務用脱毛機を選ぶポイントを目的別にチェックしましょう。今回は『コストパフォーマンス』と『サポート』と、二つの目的別に紹介します。

コストパフォーマンス重視


コストパフォーマンスを重視する場合は、脱毛機の価格だけでなく『1ショットあたりのコスト』にも注目して選びましょう。

一般的に1ショットにかかるコストの相場は0.1~1.2円とされています。1ショットあたりのコストが低ければ、比例するようにランニングコストも安くなる計算です。

ただし、コストが安くても何度も照射する必要があると、結果的に高くついてしまう可能性があります。1ショットのコストと合わせて、効果がどれくらいなのかも踏まえて選びましょう。

また、エステサロンで使用する脱毛機は、脱毛を行うために『光源ランプ』を使用します。ランプは消耗品のため、交換費用もチェックしておくことが大切です。

サポート重視


一方、サポートを重視する場合は、『購入時と購入後のサポートが充実しているかどうか』を確認しておきましょう。

メーカーによっては購入前後のサポートがなく「売ったら終わり」のケースも少なくありません。初めて脱毛機を扱う場合、サポートがなければ強い不安を感じてしまうことでしょう。

サポートが充実しているメーカーから購入すれば、購入時に講習を実施してくれます。また、購入後はメンテナンスや故障対応を行ってくれることはもちろん、コンサルティングや専用スタッフによる対応が受けられる場合もあるのです。

ただし、サポートが充実していたとしても、本体価格が高額な場合は検討が必要です。サポート料金が上乗せされている可能性があり、実は他のメーカーにて安価に依頼できるケースもあります。

脱毛施術による危害リスクの予防


医師が施術する医療脱毛でも、施術後の痛み・やけどといった危害リスクが報告される事例があります。

エステサロンで施術を行う場合も、危害リスクが発生する可能性はゼロとは言い切れません。万が一のことを考えたリスクヘッジが必要です。

脱毛保険への加入を


リスクヘッジの一つとして、脱毛サロンが加入できる『脱毛保険』に加入することをおすすめします。

脱毛保険では、主に以下の場合で賠償責任を保証してくれます。

  • お客様の身体に生じた損害、治療費休業損害など
  • 財物損壊、修復費など
  • 訴訟、仲裁、和解などの費用


性能に優れた脱毛機を使用していても、何らかの原因でトラブルが発生してしまう可能性があります。保険に加入しておくことで、万が一のトラブルに備えておくことが重要です。

また、脱毛できる最小年齢を制限することで、トラブルを回避しやすくなります。あらゆる可能性を考慮して、経営方針やメニューを定めるようにしましょう。

特徴別おすすめの業務用脱毛機


ここでは特徴別におすすめの業務用脱毛機を紹介します。

どのようなサロンを運営したいのか、顧客層はどこにしたいのかを考えながら、ベストな脱毛機を導入しましょう。

コストパフォーマンス重視


コストパフォーマンスを重視するサロン様には、『ルネッサンスBAMBI(バンビ)』が最適です。

純国産の脱毛機で、1ショットあたりのコストは『0.6円』という低コストが魅力となっています。

また、1ショット最速0.5秒で照射可能・毛の太さによって選べる二つのモードを搭載・連続稼働をかなえる冷却システムの採用など、使い勝手も抜群です。

短時間で施術が完了するため、客単価を上げたいサロン向きの脱毛機といえるでしょう。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスBAMBI
  • 公式サイト:商品ページ



メンズ脱毛を始めたいなら


近年注目を集めるメンズ脱毛を始めたいサロン様には、『ルネッサンスUOMO(ウォモ)』がぴったりです。

男性の脱毛対応機種として開発されたマシンで、男性の除毛に特化した『ヒゲ脱毛モード』を搭載しています。

男性の太く・濃い毛に対応しており、痛みを抑えつつもしっかりとした脱毛効果を発揮してくれることが特徴です。

また、黒を基調としたスタイリッシュなボディは、男性のお客様が好む空間作りをサポートしてくれるでしょう。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスUOMO
  • 公式サイト:商品ページ



デリケートゾーンに特化した脱毛機なら


脱毛メニューの中でも人気の高いデリケートゾーンに特化した脱毛機をお探しのサロン様には、『ルネッサンスLUNA(ルナ)』がおすすめです。

デリケートゾーンに特化した脱毛機で、脱毛だけでなくくすみのケアができる『美肌モード』を搭載しています。光で肌のターンオーバーを促進し、美しい肌を取り戻すサポートができる仕様です。

デリケートゾーンの脱毛は、若年層の男女だけでなく、将来介護されることを見越して脱毛を行う『介護脱毛』にもニーズがあります。幅広い顧客層を取り込みたいサロンにぴったりの脱毛機といえるでしょう。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスLUNA
  • 公式サイト:商品ページ



短い時間で施術が完了したいなら


短い時間で施術を完了し、回転率をアップしたいサロン様には、『ルネッサンスGT-R』が向いています。

肌の上をスライドするように照射できるため、1回の施術時間を短縮可能です。単発で照射する場合でも、照射スピードを0.5秒・0.7秒・0.9秒で調整できます。

これにより1時間半は必要とされていた全身脱毛が40~60分で済むのです。ベッドの回転率がアップすることにより、より多くの予約を受けられるでしょう。

また、フェイシャルケア・ボディケア・バストケア・ヒップアップと豊富な機能を搭載しており、メニューの幅を広げやすい脱毛機でもあります。

  • 商品名:Renaissance ルネッサンスGT-R
  • 公式サイト:商品ページ



まとめ


業務用脱毛機の価格相場は、150~500万円とピンキリです。一見すると高価な機器の方が優れているように思えますが、広告費やサポート量が上乗せされているケースもあります。

反対に過度に安価な機器は、故障が多く修理コストがかかる場合があるでしょう。修理期間は予約を受け付けられないようであれば、結果的にコストパフォーマンスは悪くなるのです。

そのため、業務用脱毛機を選ぶときは、価格だけではなく性能やサロンに合う機器を選ぶことが大切です。