更新日:2022.10.19

光バストアップができる業務用脱毛機とは?仕組みと機能について解説

光バストアップができる業務用脱毛機とは?仕組みと機能について解説

業務用脱毛機には脱毛だけでなく「バストアップ」や「スキンケア」のような特別な機能が搭載されているものもあります。今回は業務用脱毛機の機能やメリット、選び方のポイント、おすすめの脱毛機についてチェックしていきましょう。

バストの仕組み

多くの方が「バスト=やわらかい脂肪」というイメージを持たれていると思います。バスト全体の丸みを作っているのは、「皮下脂肪」です。皮下脂肪はバストの90%を占めていて、形だけでなく胸の弾力やハリにも深くかかわっています。
ちなみにバストの10%を占めている部分は「乳腺組織」であり、母乳を生成し、分泌させる役割をもっています。

バストの皮下脂肪の奥には、大胸筋という筋肉があり、この大胸筋には胸を反らせたり、腕を動かしたり、重さのある皮下脂肪を支えたりする役割も兼ねています。

バストの大部分を占める皮下脂肪と、支える大胸筋を繋げているのが「クーパー靭帯」と呼ばれる繊維の束です。重力によって垂れやすいバストを支えて、キレイな形をキープする働きをします。
クーパー靭帯は、弾力性があるため、加齢とともにゆるみやすくなり、支える力が弱まってしまうことがあります。

光のバストケアのトレンド 

関連記事
光脱毛とはどんな美容メニュー?仕組みや施術方法を解説

バストは肌や、筋肉のように加齢によって形が垂れて見えやすいパーツですが、エステに通ってまでバストケアをしたい人は多くいませんでした。またバストケアに悩んでも「人に相談しにくい」と感じる人も多く、バストケアの需要が表面化されなかったのも、バストケアメニューが普及しにくかった要因の1つです。

しかしSNSで産後のバストケアが広まったことや、ナイトブラの普及、「バストまで顔の一部だと思ってお手入れをする」という有名人の発言があったことから徐々にバストケアがヘアケアや脱毛のように「一般的なボディケアの一種」として認識されるようになります。

サロンでもこうしたトレンドを取り入れ、バストケアをメニューに加えるサロンが増えています。

光のバストアップとは

エステサロンのバストアップメニューによく見かけるのが、光を使ったバストアップケアです。この光のバストアップケアは、バストの仕組みでご紹介した「クーパー靭帯」に光を照射し線維芽細胞に働きかけ、肌にハリを与えてくれる美容法です。

バストのボリュームを出している皮下脂肪を支える力に働きかけてくれるので、肌にハリを与えるだけでなく、キレイな形を長くキープする力も整えてくれます。

また光をバストに照射することで、年齢とともに目立ちやすくなる肌くすみをケアし、なめらかで透明感のある美しいバストへと導きます。

光バストケアの効果とは?

 

光のバストケアは肌に当てる光の波長と、強さを調整しながら、バストのお悩みに対して光照射をコントロールしていきます。光バストケアではどのようなアプローチができるのか、特徴について詳しく見ていきましょう。

サイズアップ

光バストケアは光照射をすることで、照射部分の脂肪細胞に働きかけ、理想のバストへと導いてくれます。そもそもバストは約90%が脂肪でできているため、ダイエットや加齢によって、胸の形が変わることも多く、サイズダウンにお悩みの人もいます。

しかしバストのボリュームを増やそうとして、食事で油分やコラーゲンをたっぷりと摂取しても、すぐにバストの皮下脂肪として蓄積はされません。体内に入った油分は胃腸などの消化器官で分解されて、「脂肪酸」「グリセロール」という成分になります。

この脂肪酸が体内を巡り、分泌されることでバストにある脂肪細胞に届けられます。

脂肪細胞に届いた脂肪酸は、「脂肪滴」として合成されて細胞内に蓄えられるのですが、細胞が脂肪滴でいっぱいになると分裂し、細胞が増殖します。増殖で脂肪細胞自体が活性化すると、栄養として摂取した脂肪も細胞に蓄積されやすくなり、結果として皮下脂肪も増えていきます。

このように光バストケアは、ただバスト周りの脂肪を無理やり寄せ集めたり、豊胸手術のようにサイズアップさせるのではなく、皮下脂肪の細胞のメカニズムにも着目した美容法です。

垂れづらいバストづくり

美しいバストを目指すなら胸のボリュームだけでなく、形も重要です。光バストケアは光を照射することで、線維芽細胞へ働きかけ垂れづらいバストへと整えてくれます。

(繊維芽細胞とは、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンを生成してくれる肌細胞のことをいいます)

大きいバストほど皮下脂肪の重さで、形が下向きに垂れてしまいやすい傾向があり、出産や、育児・急激な体重の増減などでバストが下向きになってしまうとお悩みの人も少なくありません。

バストを支える役割をもつクーパー靭帯は、皮下脂肪を釣り上げるように胸を支えていますが、靭帯が切れたり、伸びてしまったりすると形が垂れやすくなります。クーパー靭帯自体は結合組織なので、1つが伸びてしまったからといってバストがすぐ垂れ下がるわけではありませんが、バストの形をキレイにキープするならバストケアが必要です。

肌のハリを維持する力に働きかける

光バストケアはサイズアップや、垂れづらいバスト作りを目指せるだけでなく、肌の繊維芽細胞にアプローチし、肌にハリを与えて美しいバストへと導いてくれます。理想のバストの形へ整えるだけでなく、肌のケアも一緒にお手入れできるので、よりお客様の満足度も高めることができます。

肌にはうるおいを維持し、ハリのある肌をキープする保湿機能が備わっていますが、加齢や、紫外線のダメージ・乾燥などの影響で肌のハリが減少してしまいます。

光バストケアでは肌に光照射を行うことで、加齢とともに衰えやすい肌本来のもつハリを維持する力を整えて、肌にうるおいのあるやわらかなバストへと導いてくれます。

業務用脱毛機のバストアップ機能について

業務用脱毛機に搭載されるモードや基本的な機能について解説します。一体どのような機能があるのでしょうか?

バストアップやフェイシャルケアが可能な脱毛機がある

業務用脱毛機の中には、基本的な脱毛機能に加えてバストアップやフェイシャルケアが可能な機器もあります。

特殊なフラッシュライトを当てることで、バストや肌に「ハリや弾力を取り戻す」ためのアプローチをしてくれます

お客様の中には脱毛だけでなく、さまざまなエステメニューに興味がある方も少なくありません。しかしいくつものエステサロンに通うとなると、それだけ通うための交通費や、一から予約するための手間がかかってしまうため、「脱毛は今度にしよう」「肌ケアはいいかな…」と後回しにしてしまう人もいるでしょう。

そのため脱毛以外のエステメニューが同じ場所で受けられることは、お客様のニーズとマッチしやすく、集客率アップにつながる可能性が高いです

脱毛機の『照射』『連射』『冷却』機能とは?

業務用の脱毛機は、特殊なフラッシュライト(光)を部位に当てることで脱毛サービスを行います。この光を肌に当てることを『照射』といいます

脱毛機の中には、照射を連続して行える『連射』機能が搭載されたものもあります。1発ずつチャージして照射する脱毛機と比べると、おおよそ半分の時間完了するため、1回にかかる脱毛時間を短縮でき、回転率アップにつながることが魅力です。

また近年、「冷却機能が搭載されている脱毛機増えています。脱毛照射による光と熱で除毛を行うため、少なからず脱毛時に痛みを感じてしまう人が多いです。

しかし冷却機能が搭載されている脱毛機であれば、照射した肌を冷やせるので脱毛時の痛みを和らげ、肌悩みを感じにくくしてくれます。

最新の業務用脱毛機を導入するメリット

業務用脱毛機は、最低でも100万以上のコストがかかります。せっかく導入するのであれば、満足度の高い機器を選ぶことが重要です。

ここでは最新の業務用脱毛機を導入する2つのメリットについて解説します。

需要増加とサロンメニューの拡充

最新の業務用脱毛機は、バストアップやフェイシャルケアなどさまざまな機能が搭載されています。顧客からの需要増加が見込めることに加え、サロンメニューを拡充しやすいことは大きなメリットです。

例えば脱毛とセットで、バストアップコースフェイシャルエステコースを設けることで、興味をもってもらえる顧客の層はグッと広がるでしょう。

また脱毛メニューの場合脱毛期間を完了すればサロンを離れる人も出てきますが、バストアップやフェイシャルケアは「定期的なメンテナンス」として、来店を継続してもらえる可能性が高いです。

持続的な顧客の獲得につながる・客単価アップが狙えることで、サロンの経営を行いやすくなるでしょう。

操作性と安全性の高さ

最新の業務用脱毛機は、『操作性』と『安全性』に優れていることも大事なポイントです。

まず操作性に優れていることで、エステティシャンの負担が減ります。1回の脱毛時間の短縮にもつながり、回転率もスムーズにできるでしょう

また施術を行うエステティシャンの習得に必要な時間も短縮できます。顧客が増えたときに、スタッフの増員が容易になることは大きなメリットです

そして最新型の脱毛機は、旧モデルの問題点や課題をアップデートし、改良されているものが大変多いです。操作がよりシンプルにな、誤操作や機能不良によるトラブルが発生しにくくなるため、サロン側が自信をもってお客様へサービスを提供できます。

業務用脱毛機の選び方のポイント

業務用脱毛機を選ぶときはどのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。気になる脱毛機を見つけたときに、確認しておきたい5つのポイントを簡単に紹介します。

5つの安心材料を確認

業務用脱毛機を選ぶときは、以下の5つのポイントを確認しておきましょう。

  1. メーカーの実績
  2. 機器の安全性
  3. 導入時のサポート
  4. 保証内容
  5. 購入後のアフターフォロー

業務用脱毛機はお客様の肌に直接触れるものである以上、サロン側の使いやすさだけでなく、安全に・問題なく使えることが大切です。

特に営業中に使用予定の機器が壊れてしまうと、予約を受けられないことでお客様に迷惑をかけてしまいかねません。購入後も安心して使える体制を整えてくれるメーカーから購入すると、サロン・お客様の安心を得られるでしょう。

関連記事
エステサロン開業に必要な準備とは?開業前から開業後まで運営を安定させるメーカーが教えるポイント

おすすめの業務用脱毛機

業務用脱毛機は「脱毛サロンの心臓」ともいえるほど、大事なポイントです。選び方次第でサロンの経営に影響する可能性もあるので、納得できる性能の脱毛機を選びましょう。

ここではおすすめの業務用脱毛機を3つ紹介いたします。

ルネッサンスGT-R

『ルネッサンスGT-R』は、3500台以上の導入実績を誇る『ルネッサンス』シリーズの標準モデルです。

基本的な脱毛機能に加えて、バストアップ・フェイシャルケア・ボディケアと4つのモードを搭載しています。

また全てのモードは、ハンドピース1本で行うことが可能です。内容に合わせて付け替えたり、持ち替えたりする必要がないため、スピーディーかつ簡単にモード変更を行えます

また高速スライド(連射)を実現したことで、サービスを提供するスピードくなることも特徴の一つです。連射機能のない脱毛機の全身脱毛で約1時間半かかる場合でも、高速スライドを搭載した脱毛機ならば約40~60分に時間短縮が可能です

様々なメニューを組み込みながらも、スピーディーにサービス提供を行いたいサロン様におすすめの脱毛機です

ルネッサンスGT-Rの詳細はこちら

ルネッサンスsmartLUNA(スマートルナ)

『ルネッサンスLUNA(ルナ)』は、デリケートゾーン(VIO)専用の脱毛&美肌モードを搭載している脱毛機です。

デリケートゾーンは、近年ニーズが高まっている脱毛部位の一つです。若年層だけではなく、将来介護される状況に備えて行う「介護脱毛」を計画する中高年層にも人気があります。

こちらの脱毛機は美肌モードを搭載しているで、脱毛サービスと一緒に美肌ケアを行えることが特徴です。光で肌本来のもつ力をサポートし、乱れやすいキメを整えて美しい肌へ導きます。

デリケートゾーンのエステメニューに力を入れたい、介護脱毛のニーズを獲得していきたいサロンオーナー様におすすめの脱毛機です。

ルネッサンスLUNAの詳細はこちら

ルネッサンスBAMBI(バンビ)

ルネッサンスシリーズの中でもお求めやすい価格設定の脱毛機です。1ショットあたりの単価が約0.6円、導入費用が200万以下というコストパフォーマンスも魅力の1つです

低コストながらも機能性は抜群です。毛の太さによって選べる2つの脱毛モードを始め、痩身メニュー・バストケア・リフトアップに対応するモードも搭載されています。

また脱毛サービス時にジェルの塗布が不要なため、1回あたりの施術にかかる時間を短縮することが可能です。加えて独自の冷却システムを採用しており、スムーズな連続稼働を叶えてくれます。

コストパフォーマンスを重視・回転率をアップしたいサロンオーナー様おすすめの脱毛機です。

ルネッサンスBAMBIの詳細はこちら

まとめ

業務用脱毛機にはバストケアフェイシャルケア機能付きの機器も存在します。一般的な脱毛機よりもメニューの幅を広げやすいため、導入することで顧客ニーズを掴みやすくなり、サロン経営者様にもメリットがあるといえるでしょう。

特に近年ではバストのボリューム感や、ハリ不足にお悩みの人も少なくありません。通常の脱毛メニューに加えてバストケアのメニューを取り入れることで、集客率アップも狙えるでしょう。

さらに業務用脱毛機を選ぶときは、脱毛以外の機能や安全性、メーカによるサポートなどにも注目してみるのがおすすめです。

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。