更新日:2022.09.28

業務用脱毛機をレンタルするメリットとデメリットとは?

業務用脱毛機をレンタルするメリットとデメリットとは?

1台あたり数百万円の業務用脱毛機を月払いで利用できる、業務用脱毛機のレンタル。

個人でも手軽に脱毛ビジネスを始められることから、最近では一括払いよりもレンタルを選択されるサロンオーナー様が増えています。

業務用脱毛機のレンタルと言っても、メーカーによって月額レンタルは様々です。

また、レンタルのデメリットを心配されるサロンオーナー様も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、3,500件以上の脱毛機導入でサロン様のコンサルティングを行ってきた弊社が、業務用脱毛機レンタルのメリット・デメリットをご紹介します。

業務量脱毛機の中古やリースなど、レンタル以外の導入方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

業務用脱毛機をレンタルで導入するメリット

業務用脱毛機をレンタルで導入すると、このようなメリットがあります。

  •  手軽に脱毛ビジネスを始められる
  •  税金対策ができる
  •  いつでもやめられる
  •  業務用脱毛器の最新モデルを使用できる
  •  気に入ったら事後的に買取も可能
  •  審査不要や保証人不要プランで始めたいときに始められる

上記を詳しく、解説していきます。

関連記事
脱毛サロンの開業に必要な準備と重要ポイントまとめ

手軽に脱毛ビジネスを始められる

本格的な業務用脱毛機一括で購入する場合、数百万円の資金が必要となります。

物件費や内装費など多大な費用がかかる開業時に、数百万円を一括払いでお支払いできるサロンオーナー様は多くありません。

業務用脱毛機をレンタルすると、まとまった資金がなくとも数万円〜数十万円の初期費用で導入が可能です。ローン会社や、銀行からの融資を断られてしまった方でも低予算で脱毛サロンを始めることができます。

また初期費用を抑えられるので、まとまった資金を集める手間や時間をかけなくても、開業を思い立ってから早い期間で脱毛サロンをオープンさせることも可能です。
さらにレンタルで初期費用を抑えることで、最新の業務用脱毛機やサロンのニーズに合ったものを導入することもできます。

このように業務用脱毛機のレンタルは、一括購入よりも手軽に脱毛ビジネスを始められるため、
「脱毛ビジネスに興味はあるが、続けられるか不安」
「試しに導入して様子を見たい」
という新しくサロンを経営される方や、エステサロンオーナー様は一括購入よりもレンタルを選択される方が増えています。

関連記事
エステサロン開業に必要な準備とは?開業前から開業後まで運営を安定させるポイント

税金対策ができる

「業務用脱毛機をレンタルで導入すると節税対策になる」といっても、なぜ節税に繋がるのかピンとこない方もいるでしょう。

業務用脱毛機を現金で一括で購入する場合は、150万円以上の価格の脱毛機器が大変多いため、土地や建物以外の『事業資産』として計上されます。この時購入した業務用脱毛機は、固定資産税の課税対象に分類されます。

しかし月額制などで業務用脱毛機をレンタルをする場合は、レンタルにかかる費用を経費として計上できるため、固定資産税の課税対象とはなりません。

また個人事業主として脱毛サロンを開業する場合、毎月の売り上げから「経費」を差し引いた金額が「事業所得」となります。
この事業所得には税金が加算されるため、経費として計上できる額が多いほど課税対象額が減り、サロン様の税金負担が軽くなります。一方でサロンを開業する際に一括で業務用脱毛を購入すると課税対象額が多くなる可能性があるため、サロンのオーナー様の負担が大きくなってしまいます。

業務用脱毛機のレンタル月額は、毎月の必要経費として計上することが可能なため、導入することによって確定申告をする際の税金対策ができます。

そのため、節税効果を求めて敢えて最新機種をレンタルで導入し、経費計上するサロンオーナー様もいます。

ビジネスをいつでもやめられる

メーカーの規約にもよりますが、業務用脱毛機のレンタルは、やめたいときにいつでもやめることができます。

業務用脱毛機をレンタルで導入することによって、万が一ビジネスがうまくいかなかったときのリスクヘッジができるため、

サロンオーナー様にとっては大きなメリットとなります。

ただし、脱毛の施術は1度では完了しません。

一人でも契約中のお客様がいる場合には、レンタル費用を支払い続けなければならないため、注意が必要です。

業務用脱毛器の最新モデルを使用できる

取り扱いメーカーにもよりますが、業務用脱毛機の最新モデルをレンタルできる会社もあります。

最新モデルは同ブランドの旧モデルよりも、照射スピード、耐久性・軽量化などのマシンスペックが良くなっていることが多いので、使い勝手も良く質の高い脱毛サービスを行うことができるでしょう。
また「最新モデルの業務用脱毛機を使用してみたい」という顧客ニーズにも対応ができます。

高まる脱毛サービスのニーズに合わせて色々なブランドから最新モデルの脱毛機が販売されていますが、その度に買い替えるのはとても大変です。レンタルの場合はサロンオーナー様の負担額も少なく、最新モデルに入れ替えられるので、「最新の業務用脱毛機を使用した脱毛メニュー」というアピールもできます。

必ずしも最新モデルの業務用脱毛機を取り扱っているメーカーばかりではないので、メーカーがどのような機種を中心に取り扱っているか、よく確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事
光脱毛とはどんな美容メニュー?仕組みや施術方法を解説

気に入ったら事後的に買取も可能

月額のレンタル費用が脱毛機の購入金額に達した際には、買い取りができるオプションがついているメーカーもあります。

購入が前提ではなく、いつでも辞められるレンタルでスタートし、結果的に購入代金を上回った場合に買い取りができればサロンのリスクは最小限に抑えることができます。

メーカーによって条件等は異なりますので、しっかりと確認しましょう。

審査不要や保証人不要プランで始めたいときに始められる

リースやクレジットは必ず審査が必要になります。

審査状況によっては保証人を用意する必要も出てきます。

審査がNGになり脱毛機の購入ができない経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レンタルは審査不要の場合が多いため、リースやクレジットの審査が通らなかった方でも脱毛機を借りられるというメリットもあります。

 

業務用脱毛機をレンタル導入するデメリット

 

業務用脱毛機のレンタルはいい面ばかりではなく、デメリットもあります。

レンタル時の契約内容や、メーカー側の脱毛機の取り扱い方によって異なりますが、レンタルで導入する場合、このようなデメリットが考えられます

・ 余分な費用が発生する可能性がある

・ 途中でやめると集客に影響が出る

・ 長期で継続すると、割高になる可能性がある

・ 借りられる業務用脱毛器が新品ではなく中古品の場合がある

業務用脱毛機をレンタルで導入する前にメリットだけでなく、レンタルした場合のリスクも考えて担当メーカーを決めることも大切です。

上記に挙げたデメリットを、詳しく1つずつ解説していきます。

 

余分な費用が発生する可能性がある

業務用脱毛機のレンタルでは取り扱いメーカーによって、予めレンタル期間が設けられていることをご存知でしょうか。このレンタル期間は家賃の更新のように、一定期間を過ぎると「契約の更新」を行うメーカーが多いので要注意です。

業務用脱毛機のレンタル期限を延長する際には、レンタル費用とは別に更新費用がかかる場合があります。

更新費用はメーカーによって異なりますが、無料〜1ヶ月分のレンタル月額が必要になることが多いので、レンタル前に契約内容をよく確認しておきましょう。
レンタル契約時には月額の安さだけではなく、長期で利用した場合の追加費用まで確認することが大切です。

さらに業務用脱毛機のレンタル時に本体だけでなく、ハンドピースや、専用ジェルなどの購入を求められるケースもあります。レンタル料金自体が極端に安い場合は、本体のレンタル価格だけでなく、脱毛機器のレンタル費用の総額や付属品の購入費用が別途でかかるのかよくチェックしておくのがポイントです。

また取り扱いメーカーによっては安全保障サービスや、機器のメンテナンスを有料で行うケースもあります。定期的なメンテナンスは無料サービスでも、故障トラブルなどのメンテナンスは有料になる場合や、無料と有料の安全保障サービスに大差がない場合もあるので、こちらもよく確認しておきましょう。

 

途中でやめると集客に影響が出る

「手軽に脱毛ビジネスをスタートでき、いつでもやめられる」というメリットから、レンタルを検討されるサロンオーナー様も多くいらっしゃいます。

しかし脱毛サービスは1回の来店だけで終わるわけでなく、契約に明記された回数を消化する必要があります

ビジネスをやめたいと感じた際に、1人でも契約中のお客様がいれば、レンタルの継続が必要です。

やむを得ず途中でやめる場合は、お客様を他サロンに取られてしまうなど、サロンの集客に悪影響を及ぼす可能性があります。

長期で継続すると、割高になる可能性がある

4〜5年以上の長期にわたりレンタルを継続すると、一括購入のほうが割安になる場合があります。

介護脱毛やメンズ脱毛のニーズが高まっている昨今、脱毛市場は伸び続けています。

現在の脱毛ビジネスはしっかりコンセプトを決めて集客することで、軌道に乗りやすいのです。

「ビジネスがうまくいくかどうか心配」というサロンオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし上記を踏まえ、腰を据えて脱毛ビジネスを展開したほうが、最終的に安くつくことを念頭に、導入方法をお考えいただければと思います。

借りられる業務用脱毛器が新品ではなく中古品の場合がある

メーカーによりますが、購入ではなくレンタルの場合、最新機種ではなく型落ちの業務用脱毛機がレンタル対象である可能性もあります。

最新機種に比べ、照射スピードが遅く施術時間がかかったり、ランニングコストが高くなったりする可能性もあるので要注意です。

サロンのコンセプトや、規模にとってはマイナスになる部分も出てくるかもしれないので、いつ販売された機種なのかを契約前に確認し、ご自身のやりたい脱毛サービスを考えた時に役に立つのかをご判断ください。

 

様々なレンタル料金の契約条件

業務用脱毛機のレンタルは、取り扱いメーカーと直接契約を交わして、決められた金額を定期的に支払うことで脱毛機を使用することができます。

契約内容は取り扱いメーカーによって条件が異なるため、契約を交わす前にしっかりとチェックしておきましょう。

レンタル料金の仕組み

業務用脱毛機のレンタル料金は、導入時にまとまった額の「初期費用」を支払い、その後は「月額料金(レンタル料金)」を支払うのが一般的です。
しかし価格や、費用に含まれる名目は各メーカーで大きく異なります。

また契約後にまとまった初期費用を支払い、その後は使用料を月々で支払いながら、契約の期間が満期を迎えて更新時期が来ると「更新料」が必要となるケースもあるので注意しましょう。

業務用脱毛機をレンタルする時は、契約前に初期費用・レンタル料金の仕組みについてよく確認しておくことが大切です。

初期(導入)費用

業務用脱毛機をレンタルで購入する時に必要となる「初期費用」ですが、取り扱いメーカーによって提示金額や、考え方が異なります。

例えば業務用脱毛機は本体と一緒に、光照射をするハンドピースも必要となりますが、このハンドピースも本体金額に含まれているのか、別途料金制になるのか、メーカーによって契約内容が違います。
ハンドピースが別途料金の場合、レンタル制ではなく購入が必要な場合もあるので注意しましょう。

ちなみにハンドピースは脱毛機器の種類によって価格が前後しますが、1本あたり15〜25万円が相場と言われています。

また初期費用を「保証金」として、契約条件に入れているメーカーもあります。物件を借りるときの「敷金」と同じような名目で、契約期間が何事もなく終われば返金される費用です。

しかし満期になる前に解約したり、契約内容に違反したりすることがあれば、返却されない可能性もあります。メーカーによって保証金の金額や、保証内容は異なるので、契約を交わす前によく条件をチェックしておきましょう。

さらに初期費用には業務用脱毛機の設置代や、初回の講習代・サロンまでの出張代・脱毛機の配送料が別途でかかるケースもあります。

初期費用を少しでも削減したい方は、初期費用の名目・契約内容をすみずみまで担当者に確認しながら、適切な金額の初期費用なのか検討してみるのがおすすめです。

 

月額レンタル料金

ここまで初期費用について見てきましたが、今度は月額で支払うレンタル料金を見ていきましょう。

レンタル料金は脱毛機本体の価格と、レンタル中の管理料や、保険料などを含めて各メーカー側が総合的に決めています。本体のレンタル費用以外に管理料や、定期的なメンテナンス料が含まれている場合は、急な故障トラブルにも費用がかさむことなくメーカー側が対応してくれるため、安全面でも信頼できるでしょう。

また最新モデルは月額のレンタル料金が高くなりがちですが、1つ前のモデルや、最新モデルが販売予定のタイプは料金が低くなる可能性もあります。

契約前に月額料金の中に、どのような項目が含まれているのか確認しておきましょう。

さらに一定期間のレンタルを続けると、レンタルしている脱毛機の所有権をサロン側へと譲渡する制度があるメーカーもあります。

契約期間と途中解約の場合は

 

業務用脱毛機のレンタルの契約期間や、途中解約の条件については、各メーカーによって異なります。月額料金が相場より安く設定されていた場合、契約期間に縛りがあったり、途中解約する際には「違約金」が必要となったりするケースもあるため、注意が必要です。

レンタルの契約期間や、途中解約について、事前にチェックしていきましょう。

レンタルの契約期間は

レンタル期間の具体的な年数は、各メーカーによって大きく差があります。1〜2年程度のやや短期間で更新となるメーカーもあれば、3〜5年というやや長めのレンタル期間を設定するメーカーもあるからです。

一方で、具体的な期間は敢えて指定しないメーカーもあります。

メーカー側から具体的な契約期間の指定がある場合は、賃貸物件のように取引が管理しやすいというメリットがあり、初めて脱毛サロンを開業する人にとっても利用しやすいと言えるでしょう。

ただ具体的な期間が定められていないメーカーの場合は、レンタルを利用する上で契約交渉の手腕や、メーカー側との信頼関係の構築が必要となるかもしれません。

途中解約について

業務用脱毛機のレンタルを利用中に、何らかの理由で途中解約をしたくなるケースもあるでしょう。しかし脱毛機のレンタルは、基本的にキャンセルしないことを前提に契約をするため、更新期間まではレンタルするのが基本です。

ただ契約内容によっては「違約金」を支払ったり、解約する理由によっては途中解約が可能なケースもあります。

また契約期間の取り決めがないレンタルの場合は、好きなタイミングでレンタルの解約が可能になるケースが一般的です。

どちらにしても契約書に記載されている「途中契約」に関する内容を確認し、レンタル期間中での途中解約が可能かどうかしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

解約金について

途中解約を希望した場合、解約のための代金を支払うケースがあります。必要となる解約金は、メーカーによっても異なるため、契約した内容を確認することがポイントです。

例えば契約時に支払った初期費用の中に「保証金」が含まれていて、途中解約時にメーカー側がその保証金を回収することで、解約が成立するケースもあります。

その他にもレンタル期間が極端に短い場合、予定されていた残りのレンタル期間分の金額を一括で支払うことで途中解約が可能となるケースも考えられます。この場合まとまった金額を支払う余裕がサロン側にないと、解約は難しいでしょう。

また利用していたレンタル期間が長く、残りわずかのレンタル期間を残して途中解約をしたい場合、残りのレンタル分を一括で支払って使用していた脱毛機を「買取清算」という形で契約を終えるケースもあります。

月額レンタルにかかる費用の安さだけでなく、保証金の有無・解約にかかる費用について、どのような契約になっているのかよくチェックしておくことが大切です。

製品のトラブルに対応してくれるか

レンタルで業務用脱毛機を導入する場合は、製品にトラブルがあった時に対応してくれる保証サービスがあるのかどうかも確認しておきましょう。特に液晶パネルの故障や、ハンドピースの不具合などは、思いがけないタイミングで起こります。

月額料金の価格も大切ですが、こうした予期せぬトラブルが起こった時にすぐに対応してくれる保証サービスや、導入後のアフターサービスが充実していると、サロン側もレンタルを続けやすいのではないでしょうか。

月額料金が低価格の場合、トラブル対応は別途料金がかかるメーカーや、個別対応になるケースもあります。メーカーによって製品のトラブル対応や、アフターサービスの内容は大きく異なるので、契約前によくチェックしておくのがおすすめです。

レンタル以外でも初期費用を抑えられる業務用脱毛機の導入方法

業務用脱毛機は、レンタル以外にも初期費用を抑えられる導入方法があることをご存知でしょうか。

初期費用を抑えられる、レンタル以外の導入方法は以下の3点です。

・ ビジネスクレジット(割賦契約)

・ リース

・ 中古

まずは、ビジネスクレジット(割賦契約)から1つずつ解説していきます。

ビジネスクレジット(割賦契約)

ビジネスクレジット(割賦契約)とは、クレジット会社などが提供するサービスのひとつです。

サロンオーナー様の代わりにクレジット会社が業務用脱毛機を購入し、サロンオーナー様はクレジット会社に毎月決まった額を返済します。

36回払い(3年)、48回払い(4年)、60回払い(5年)で契約されるサロンオーナー様が多く、分割回数にもよりますが、返済月額はレンタル月額とさほど変わらない場合もあります。

レンタルのようにいつでもやめることはできない一方で、支払いが完了すると業務用脱毛機が自分のものになるため、長期的にサロン運営計画を練ることが可能です。

リース

リースとはサロンオーナー様に代わってリース会社が業務用脱毛機を購入し、サロンオーナー様がリース会社に購入資金を返済していくシステムのことです。
レンタルと異なる点は、いつでもやめることはできず、やめたい場合には返済残高を一括返済する必要があることです。

また契約期間が終了しても業務用脱毛機は自分のものにならず、リース会社へ返却するか、リース期間よりも安い金額でリースを継続することになります。

所有権がリース会社にあるため、固定資産税がかからないことと、初期費用を抑えられることがリースのメリットといえます。

中古

業務用脱毛機を中古で購入するメリットは、

・ 新品の半額ほどで購入できる場合がある

・ 一括支払いのみではなく、ビジネスクレジットやリースなどの支払い方法がある

という点です。

しかし中古の場合、メーカーによる導入シミュレーションや経営アドバイス・技術指導などは受けられないほか、保証期間・安全保証もない場合があります。

どのような方法で使用されていたのかも不明確であり、これから開業をお考えのサロンオーナー様にとってはややリスクの高い購入方法だといえるでしょう。

弊社の業務用脱毛機ルネッサンスの中古は、新品を購入した際と同様に営業担当からのフォローを行っており、保証期間も設けております。

導入講習もおこなっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事
中古の業務用脱毛機器を購入する前のポイントを解説

業務用脱毛機レンタルのメリット・デメリットまとめ

今回は、業務用脱毛機をレンタルで導入する際のメリット・デメリットをご紹介しました。

業務用脱毛機レンタルで導入するメリットは、

1 初期費用を抑えられる
2 比較的短期での利用に向くが、長期利用も可能
3 いつでもやめられる
審査や保証人が不要である

という点です。

一方で余分な費用が発生する可能性や、レンタル途中で解約しにくいというデメリットも考えられます。またはメーカーによって中古のみレンタルが可能というケースもあるので、注意が必要です。
さらにレンタル時の契約内容や、導入時の初期費用・月額のレンタル料金に含まれる費用項目は大きく異なるため、解約金の有無・トラブル対応時の対応が可能かどうかも事前によくチェックしておいた方が良いでしょう。

またレンタル以外でも、開業時の初期費用を抑えられる業務用脱毛機の導入方法もご紹介しました。
各導入方法の違いは、以下の通りです。

項目

一括

レンタル

ビジネスクレジット

リース

中古

初期費用

高額

安価

安価

安価

支払方法による

途中解約

不可

不可

不可

不可

利用期間

なし

あり

なし

あり

なし

メーカー保証

あり

あり

あり

あり

なし※メーカーによってはあり


上記のように、サロンオーナー様がどのような経営を目指しているのかによっても、相性の良い業務用脱毛機の導入方法は異なります。

弊社は、新規開業支援に限らず数多くの脱毛サロン様の経営支援実績をもつ、歴史ある業務用脱毛機メーカーです。

各種支払い方法に対応しており、導入の際には美容のスペシャリストが丁寧にご指導をさせていただきます。

ご興味をお持ちのサロンオーナー様方は、ぜひ弊社の資料ダウンロードまたはお問合せページから、お気軽にご連絡ください。

 ルネッサンスのお問い合わせはこちら

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。