業務用脱毛機をレンタルするメリットとデメリットとは?

業務用脱毛機をレンタルするメリットとデメリットとは?

1台あたり数百万円の業務用脱毛機を月払いで利用できる、業務用脱毛機のレンタル。

手軽に脱毛ビジネスを始められることから、最近では一括払いよりもレンタルを選択されるサロンオーナー様が増えています。

とはいえ、一口に業務用脱毛機のレンタルと言っても、メーカーによって月額は様々です。
また、レンタルのデメリットを心配されるサロンオーナー様も多いようです。

そこで本記事では、2,500件以上の脱毛機導入でサロン様のコンサルティングを行ってきた弊社が、業務用脱毛機レンタルのメリット・デメリットをご紹介します。

中古やリースなど、レンタル以外の導入方法についても解説していますので、ぜひご参考にしてください。

業務用脱毛機をレンタルで導入するメリット

業務用脱毛機をレンタルで導入するメリットは、以下の3点です。

・ 手軽に脱毛ビジネスを始められる

・ 手軽に脱毛ビジネスを始められる

・ いつでもやめられる

以下から、1つずつ解説していきます。

手軽に脱毛ビジネスを始められる

本格的な業務用脱毛機は、一括で購入すると数百万円の資金が必要となります。
物件費や内装費など多大な費用がかかる開業時に、数百万円を一括払いでお支払いできるサロンオーナー様は多くありません。

業務用脱毛機をレンタルされる場合、まとまった資金がなくとも数万円~数十万円の初期費用で導入が可能です。

一括購入よりも手軽に脱毛ビジネスを始められるため、

「脱毛ビジネスに興味はあるが、続けられるか不安」

「試しに導入して様子を見たい」

というサロンオーナー様は、レンタルを選択される傾向にあります。

税金対策ができる

個人事業主としてサロンを開業される場合、毎月の売り上げから「経費」を差し引いた金額が「事業所得」となります。

事業所得には税金が加算されるため、経費として計上できる額が多いほど課税対象額が減り、サロン様の税金負担が軽くなります。

業務用脱毛機のレンタル月額は、経費として計上することが可能なため、導入することによって税金対策ができます。

そのため節税効果を求めて敢えて最新機種をレンタルで導入し、経費計上するサロンオーナー様もいらっしゃいます。

ビジネスをいつでもやめられる

メーカーの規約にもよりますが、業務用脱毛機のレンタルは、やめたいときにいつでもやめることができます。

業務用脱毛機をレンタルで導入することによって、万が一ビジネスがうまくいかなかったときのリスクヘッジができるため、

サロンオーナー様にとっては大きなメリットとなります。

ただし、脱毛の施術は1度では完了しません。

一人でも契約中のお客様がいる場合には、レンタル費用を支払い続けなければならないため、注意が必要です。

業務用脱毛機をレンタル導入するデメリット

業務用脱毛機をレンタルで導入するデメリットは、

・ 余分な費用が発生する可能性がある

・ 途中でやめると集客に影響が出る

・ 長期で継続すると、割高になる可能性がある

上記の3点です。

以下から、一つずつ解説していきます。

余分な費用が発生する可能性がある

業務用脱毛機のレンタルでは、メーカーによって、あらかじめレンタル期間が設けられていることをご存知でしょうか。

期限を延長する際には、レンタル費用とは別に更新費用がかかる場合があります。

更新費用はメーカーによって異なりますが、無料~1ヶ月分のレンタル月額が必要になることが多いです。

レンタル契約時には月額の安さだけではなく、長期で利用した場合の追加費用まで確認することが大切です。

途中でやめると集客に影響が出る

「手軽に脱毛ビジネスをスタートでき、いつでもやめられる」というメリットから、レンタルを検討されるサロンオーナー様も多くいらっしゃいます。

しかし、脱毛の施術は1度では終わりません。
ビジネスをやめたいと感じた際に、1人でも契約中のお客様がいれば、レンタルの継続が必要です。

やむを得ず途中でやめる場合は、お客様を他サロンに取られてしまうなど、サロンの集客に悪影響を及ぼす可能性があります。

長期で継続すると、割高になる可能性がある

4~5年以上の長期にわたりレンタルを継続すると、一括購入のほうが割安になる場合があります。

介護脱毛やメンズ脱毛のニーズが高まっている昨今、脱毛市場は伸び続けています。
現在の脱毛ビジネスはしっかりコンセプトを決めて集客することで、軌道に乗りやすいのです。

「ビジネスがうまくいくかどうか心配」というサロンオーナー様も多いことと思います。

しかし上記を踏まえ、腰を据えて脱毛ビジネスを展開したほうが、最終的に安くつくことを念頭に、導入方法をお考えいただければと思います。

レンタル以外でも初期費用を抑えられる業務用脱毛機の導入方法

業務用脱毛機は、レンタル以外にも初期費用を抑えられる導入方法があることをご存知でしょうか。

初期費用を抑えられる、レンタル以外の導入方法は以下の3点です。

・ ビジネスクレジット(割賦契約)

・ リース

・ 中古

以下から、1つずつ解説していきます。

ビジネスクレジット(割賦契約)

ビジネスクレジット(割賦契約)とは、クレジット会社などが提供するサービスのひとつです。

サロンオーナー様の代わりにクレジット会社が業務用脱毛機を購入し、サロンオーナー様はクレジット会社に毎月決まった額を返済します。

36回払い(3年)、48回払い(4年)、60回払い(5年)で契約されるサロンオーナー様が多く、
分割回数にもよりますが、返済月額はレンタル月額とさほど変わらない場合もあります。

レンタルのようにいつでもやめることはできない一方で、支払いが完了すると業務用脱毛機が自分のものになるため、
長期的にサロン運営計画を練ることが可能です。

リース

リースとは、サロンオーナー様に代わってリース会社が業務用脱毛機を購入し、
サロンオーナー様がリース会社に購入資金を返済していくシステムのことです。

レンタルと異なる点は、いつでもやめることはできず、やめたい場合には返済残高を一括返済する必要があることです。

また契約期間が終了しても業務用脱毛機は自分のものにならず、リース会社へ返却するか、
リース期間よりも安い金額でリースを継続することになります。

所有権がリース会社にあるため固定資産税がからないこと、初期費用を抑えられることがリースのメリットです。

中古

業務用脱毛機を中古で購入するメリットは、

・ 新品の半額ほどで購入できる場合がある

・ 一括支払いのみではなく、ビジネスクレジットやリースなどの支払い方法がある

という点です。

しかし中古の場合、メーカーによる導入シミュレーションや経営アドバイス・技術指導などは受けられないほか、保証期間もない場合があります。

どのような方法で使用されていたのかも不明確であり、これから開業をお考えのサロンオーナー様にとってはややリスクの高い購入方法だと言えます。

弊社の業務用脱毛機ルネッサンスの中古は、新品を購入した際と同様に営業担当からのフォローを行っており、保証期間も設けております。

導入講習もおこなっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事:中古の業務用脱毛機器を購入する前のポイントを解説

業務用脱毛機レンタルのメリット・デメリットまとめ

今回は、業務用脱毛機をレンタルで導入する際のメリット・デメリットをご紹介しました。

各導入方法の違いを再度確認していきます。

項目 一括 レンタル ビジネスクレジット リース 中古
初期費用 高額 安価 安価 安価 支払方法による
途中解約 不可 不可 不可 不可
利用期間 なし あり なし あり なし
メーカー保証 あり あり あり あり なし※メーカーによってはあり

業務用脱毛機のレンタル導入の特徴とメリットは、

・ 初期費用を抑えられる

・ 比較的短期での利用に向くが、長期利用も可能

・ いつでもやめられる

という点です。

弊社は、新規開業支援に限らず数多くの脱毛サロン様の経営支援実績をもつ、歴史ある業務用脱毛機メーカーです。

各種支払い方法に対応しており、導入の際には美容のスペシャリストが丁寧にご指導をさせていただきます。

ご興味をお持ちのサロンオーナー様方は、ぜひ弊社の資料ダウンロードまたはお問合せページから、お気軽にご連絡ください。

 ルネッサンスのお問い合わせはこちら