純国産の業務用脱毛機ならルネッサンス|オフィシャルブログ

導入のご相談

2019年2月13日

なぜ脱毛ジェルは必要なのか

脱毛を行う上で必要とされてきた脱毛ジェルですが、最近はジェルを必要としない脱毛機器も増えてきました。

弊社の業務用美容脱毛機器 [ルネッサンス] は水冷式だからこそ可能な冷却機能をハンドピースの先端部に設けているため、施術時の痛みはかなり軽減されています。
それでもなぜ「ジェルの使用を推奨」しているのか、今回はその理由をご説明させていただきます。

ジェルを使用するメリット

脱毛時にジェルを塗布することは手間だけでなくコストも掛かります。
ただ、それ以上にジェルを使用するメリットがあることも事実です。

ジェルを使用するメリットはこちらの3点!

1.お肌の保護 2.施術効果の向上 3.潤滑を良くするため

この3点について、詳しくは下記をご確認ください。

1. お肌の保護

光脱毛は光を毛根に当てて負荷をかけることで、毛が生えてこないようにしています。
その光は直接肌に当てるので、少なからず皮膚には負担が掛かっているのです。

脱毛ジェルを使用しないサロンでもやけどを防止するための対応は必要なため、保冷剤で肌を冷却してから光を当てている所が多いかと思います。
ただ保冷剤の場合は「きちんと肌が冷えているか」を見た目で確認することができないので、同じ出力での施術であれば当然リスクも高まります。

また、乾燥している肌は痛みを感じやすくトラブル起きやすいため、脱毛をする際は肌を保湿することも大切です。
お客様にトリートメント期間中の保湿ケアの重要性はお伝えいただいているかと思いますが、乾燥による肌荒れを懸念して脱毛クリームを使って自己処理をされてしまっては元も子もありません。

2. 施術効果の向上

光は水分にも吸収される性質を持つため、乾燥している肌よりも保湿されている肌の方が脱毛効果が高まります。
実はお客様に保湿をしていただく必要があるのは、この要素も大きいのです。

効果が出づらいというお客様の肌を見ると、乾燥している方が多いです。
乾燥している肌はトラブルリスクも高まり、効果も落ちてしまうため光脱毛との相性はとても悪くなってしまいます。
当社スタッフから保湿をしていただくようお伝えするのはこのためです。

3. 潤滑のため

ルネッサンスGT-R以降に搭載されている「高速モード」では、ハンドピースを肌にスライドさせて照射をします。
ジェルが塗られていない状態でスライドさせてしまうと摩擦が生じ、負担がかかってしまうのです。

また、目印が無いためどこを照射したか分からなくなってしまうこともあります。
ジェルの上からスライドさせれば照射の跡が残るので、どこまで照射したかの確認もできます。

▶︎関連記事:脱毛ジェルを選ぶポイント

何よりもきてくださるお客様のために

初めて脱毛をするお客様の目線に立って考えてみてください。

【A】1,000円だけど肌のお手入れを何もしてくれないサロン
【B】2,000円だけど施術前にジェルを塗布、アフターローションで肌のお手入れもしてくれるサロン

どちらに行きたいですか??

みなさまも、トラブルリスクを限りなくゼロにしてために日々取り組まれていると思います。
安い・早いも大切なことではありますが、サロンはお客様の来店があって成り立つものです。

サービスの質を高めるお客様に満足していただくサロンの評判が良くなる集客&売上UP

 

このサイクルを作る一環として、お客様に安心して施術を受けていただくために、何よりお客様の肌を保護ために、ジェルの塗布は必要だと考えています。

脱毛ジェル・アフターローションをお探しの方へ

脱毛時に安心してお使いいただけるジェル・ローションをみなさまにお届けするために、コンフォートジャパンでは自社ブランド [アピーチェ] を立ち上げています。

※コンフォート アフターローションの仕入れは6本単位(¥12,000(税別))です

初回特典を受け取る

アピーチェについてや、脱毛について気になることがございましたお気軽にお問い合わせください!


新着記事
カテゴリー
アーカイブ