コスパのいい業務脱毛機を選ぶためには?アフターフォローも要チェック

コスパのいい業務脱毛機を選ぶためには?アフターフォローも要チェック

脱毛サロンの開業にあたり「コスパのよい業務用脱毛機がほしい」と考えている方も多いのではないでしょうか?今回はコスパのよい脱毛機を選ぶ四つのポイントについて解説します。また、アフターフォローの重要性についてもチェックしましょう。

業務用脱毛機を選ぶとき、まずは脱毛方式をチェック!

エステサロンが扱う業務用脱毛機は、特殊な光を照射する『光脱毛(フラッシュ脱毛)』により脱毛処理を行います。

光脱毛は、大きく分けて『THR脱毛』『IPL脱毛』『SHR脱毛』の3種類の脱毛方式があります。それぞれの特徴をチェックしましょう。

THR脱毛

THR脱毛は、『サーモ・ヒート・リムーバー』の略称で、最新の『蓄熱式脱毛』です。

波長の長い光を照射することで、毛を生成する指令を出す『バルジ領域』の働きを抑制します。バルジ領域の働きを抑制すると、毛を生やす指令が止まりムダ毛が生えなくなる仕組みです。

赤外線領域が多い波長を使用しているため、肌への負担や痛みが少ないことがメリットといえます。

また、従来の脱毛方式は、毛が生え変わる『毛周期』に合わせて施術を行いますが、THR脱毛は毛周期の影響を受けません。

そのため、2週間~1カ月と短いスパンで施術可能で、最短で6カ月で脱毛を終えられるといわれています。

IPL脱毛

IPL脱毛は、『インテンス・パルス・ライト』の略称で、脱毛サロンで導入される光脱毛の中で主流となる脱毛方式です。

『毛の色素(メラニン色素)』に反応しやすい光を照射することで、脱毛処理を行います。濃くて太い毛の脱毛に適しており、特にワキやVIOのような毛の脱毛に向いているでしょう。

毛周期に合わせて行う脱毛方式です。毛周期には成長期・退行期・休止期があり、毛が成長する『成長期』に施術を行うと効果がアップします。

なお、ほかの周期で照射を行っても思うような効果は発揮できないため、1カ月半~2カ月のペースで施術を行うことが望ましいです。

SHR脱毛

SHR脱毛は、『スーパー・ヘア・リムーバル』の略称で、THR脱毛と同じく蓄熱式脱毛です。

表皮に近いバルジ領域に特殊な光を照射します。痛みを感じにくい・産毛のような薄く・細い毛も施術できることがメリットです。

また、メラニン色素をターゲットにするIPL脱毛では施術ができない、日焼け肌・色黒肌・ホクロにも施術を行えます。

毛周期の影響を受けないため、2週間~1カ月のスパンで施術可能です。ただし、毛の生成に効果を発揮する脱毛方式のため、現在生えているムダ毛には変化を感じられません。

施術を受けてから脱毛効果を実感できるまでには時間がかかるでしょう。

コスパのいい業務用脱毛機を選ぶためのチェックポイントとは?

健全なサロン運営を目指すためにも「コスパのよい脱毛機を選びたい」「初期投資は抑えたい」と思う方も多いのではないでしょうか?

では、コストパフォーマンスのいい業務用脱毛機を選ぶために大切な『四つのチェックポイント』を見ていきましょう。

チェックポイント①本体価格

脱毛機の価格相場は『200~300万円』です。この価格帯で販売しているメーカーは、ある程度の実績や会社としての規模があるため、信用できる脱毛機を販売している可能性が高いでしょう。

本体価格が500万円を超える高い脱毛機は、一見すると性能に優れているように見えますが、必ずしもそうとは限りません。中には広告宣伝費や各種サービス料が上乗せされているケースもあります。

脱毛機を購入するときは、本体価格だけで決めるのではなく、『お客様に安心して施術を受けていただける・機能に満足できる』ものを選びましょう。

チェックポイント②ランニングコスト

コスパのよい脱毛機を選ぶ上で、ランニングコストがよいかどうかをチェックすることは欠かせません。

例えば脱毛機の『光源ランプ』は消耗品です。ショット数が多くなるほど、ランプを交換するペースは早くなる傾向があります。

また、脱毛機は機械である以上、故障する可能性があるでしょう。『修理コスト』が高い機器の場合、10~30万円以上かかる場合があります。

加えて海外製品は部品を海外から調達するため、輸入コストが高くなる傾向があるそうです。事前に修理コストについても確認しておきましょう。

チェックポイント③業務用脱毛機の機能

業務用脱毛機は、サロンの肝となる大事なポイントです。どれだけ本体価格が安く、ランニングコストがよいものであったとしても『脱毛機の機能』がいまいちでは、お客様に満足していただくことは難しいでしょう。

脱毛機の機能は、以下のポイントをチェックすることが大事です。

  • 機器の使いやすさ
  • 施術スピードの早さ
  • ハンドピースの数(一つだと便利)
  • 痛みや熱さを軽減する冷却機能
  • 脱毛機のサイズ(コンパクトな卓上型がベスト)
  • 安全性に考慮している

サロンの視点で扱いやすいかどうかだけでなく、お客様に「機能に優れている」と感じていただけるものを選ぶとよいでしょう。

チェックポイント④安い理由

本体価格が安い脱毛機は、初期投資費用を抑えられるため、サロンとしてのメリットは大きいように見えるかもしれません。

しかし、本体価格が安いということは、原価が安いということです。原価が高いものがすばらしい訳ではありませんが、安いものはそれだけ性能や安全性に影響する可能性があります。

また、連射タイプの脱毛機は、1ショット0.1円と安価なものも増えていますが、効果を出すためには2~3往復する必要があり、コストが4~6倍はかかってしまう計算です。

結果的に単射タイプとコストが変わらない、もしくは高くなる可能性があるでしょう。

このように安いものには必ず理由があります。なぜ安いのかを考えてから購入するようにしましょう。

顧客層とリピート率を踏まえ、トータルで選ぶのがおすすめ

脱毛機を選ぶときは、脱毛機単体のコスパで考えるのではなく、集めたい顧客層とリピート率を換算し、『トータルで見てコスパのよい機器』を選ぶことをおすすめします。

安価な脱毛機を購入し、初期投資を抑えられたとしても、それは短期的なコスパのよさでしかありません。

サロンとしての満足度につながらなければ、リピート率やサロンの信用に影響し、結果的に高い買い物になってしまう可能性が高いでしょう。

まずは、お客様に喜んでいただける環境を整えることが大切です。満足度が高くなれば、集客率や客単価が上がり、結果としてサロンの利益拡大が期待できます。

メーカーのサポート体制も要チェック

業務用脱毛機を選ぶときは、メーカーのサポート体制もチェックしておきましょう。主なチェックポイントを二つ紹介します。

アフターフォローが充実していると安心

業務用脱毛機の購入後、さまざまな面でサポートしてくれる『アフターフォロー』が充実していると安心です。

脱毛機器を販売するメーカーの中には、店舗に機器を導入する前の研修・経営コンサル・資料の提供を行うところもあります。

また、脱毛機はサロンの生命線です。万が一故障やトラブルが発生した際に『迅速に対応してくれる』メーカーから購入しておくと、サロンの営業や信用問題に影響してしまう可能性がぐっと下がります。

加えて数年おきのメンテナンスやクリーニングサービスがあると、脱毛機を安全に使う環境を整えられるでしょう。

コンフォートジャパンの手厚いサポート体制

コンフォートジャパンでは、サロンの維持や飛躍のために手厚いサポート体制を整えています。

これからサロンを開業される事業者様には、3000台以上の導入実績により培った『サロン成功のノウハウ』を余すことなくお伝えし、サロン成功に導くお手伝いをすることが可能です。

また、専用スタッフによる導入後の講習だけでなく、導入後のフォロー講習も実施します。各種セミナーの開催の案内や経営戦略の立案も行っています。

加えて法律関係や最新情報のアドバイスも行っており、サロン様の不安や悩みに寄りそうことを目指しています。

デモンストレーション体験会への参加がおすすめ

これからサロンを開業する予定の方の多くは、業務用脱毛機に触れたことがない・知識に不安がある方も多いでしょう。

近年はインターネットで簡単に情報を得られますが、実機に触れる・直接説明を聞く以上に分かりやすいことはありません。

まずは『デモンストレーション体験会』への参加をおすすめします。

コンフォートジャパンのセミナー体験会

コンフォートジャパンは、『3000件以上のサロン経営サポートの実績』を活かしてセミナーを開催しています。

セミナー体験会では、マシンの使用感を試すことができるだけでなく、メンテナンス方法や使用方法について学んでいただくことが可能です。

脱毛ビジネスのノウハウに関するセミナーも実施しており、これから脱毛業界に参入する方に向けて脱毛市場やノウハウを徹底解説しています。

参加料は無料です。また、オンライン開催のため、インターネット回線さえあれば全国どこからでも参加できます。

[セミナー一覧はこちら]

まとめ

コスパのよい業務用脱毛機を選びたいときは、本体価格・ランニングコスト・機能性・安さの理由に注目しましょう。

特に安価な脱毛機は、一見するとコスパよく見えますが、実際には修理コストがかかる・ランニングコストが悪い・機能に満足できない可能性があるため注意が必要です。

脱毛機選びに迷った際は、デモンストレーション体験会への参加をおすすめします。実際に脱毛機に触れる・説明を聞くことで、サロンに相応しい機器を見つけやすくなるでしょう。

このコラムの執筆者

$post->fields['author_name']
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
株式会社コンフォートジャパン コラム編集担当
コンフォートジャパンのコラム編集担当です。
美容業界で長く美容機器メーカーとして存続しているコンフォートジャパンが、皆様のお声に応えるべく、脱毛関連はもちろんのこと、サロン運営に役立つ情報を発信していきます。