業務用エステ脱毛機(高速)を選ぶならルネッサンス|導入事例・コラム

導入のご相談

【導入事例】
VIO脱毛で高単価リピートが途切れない!?
メニュー化するなら今がチャンス!

東京都『PULITO(プリート)』代表 藤森 暁子様

脱毛のニーズが高まっていると同時に、脱毛サロンは価格競争にならないこと、他社との差別化が非常に重要になってきます。

そんな中、今回取材した『PULITO(プリート)』様はVIO脱毛に特化したサロンとして18年の実績があり、
延べ17万人以上の方に施術されてきました。

代表取締役の藤森暁子さんと管理部の鈴木純さんによると
「VIO脱毛は価格競争に巻き込まれにくく、これからニーズが高まっていく分野」だそう!

VIO脱毛メニューの導入を考えられている方や現在のサロンの方向性に悩まれている方のヒントになる内容が
盛りだくさんのインタビューとなっております。

「なぜVIO脱毛に特化したのか?」「VIO脱毛に特化すると、価格競争に巻き込まれず他社との差別化にもなる理由は?」など、
ぜひ今後のサロン展開の参考にされてください!

VIO脱毛をきっかけに、相談しにくい「デリケートゾーンケア」を普及させたい

御社は「VIOに強い脱毛サロン」というイメージなのですが、VIOに特化した理由は?

VIO脱毛をきっかけに「デリケートゾーンケア」が日本に根付いてほしいからですね。

性教育もそうなのですが、日本は海外に比べてデリケートゾーンの正しいケア方法などが知られていません。

「恥ずかしい」、「人に相談しにくい」といった理由から、気軽に発信できる場所がなかなか無いのです。
インターネットで調べても、情報があり過ぎてどれが正しいか判断がつきにくい。
そんな状況を、VIO脱毛を入り口にして変えていけたらと考えています。

最初からVIO脱毛に特化したサロンだったのでしょうか?

私が来た5・6年前は総合エステサロンで、メニューの一つに脱毛がある形でした。
ちょうどその頃から大手の脱毛サロンが一気に広告展開して価格競争が始まり、全身脱毛の価格がどんどん下がってきていて。
「価格を落とさずに脱毛メニューを展開するためには?」と考えた時に、VIO脱毛に特化しようとなりました。

当時からVIO脱毛で通ってくださっているお客様が多くてニーズはあったこと。
「他のパーツを脱毛していてVIO脱毛も気になっているけど、自分から相談するのは恥ずかしい」という声がすごく多かったのが特化した理由です。
専門店にしたらお客様も来やすく相談しやすいだろうと、窓口は全部VIO脱毛に絞りました。

なぜ高単価を維持できたのか?

効果を出す「技術」と、お客様のことを第一に考えた「接客」で価格を維持

脱毛を安さで選ぶ人が増えていく中で「価格を落とさないためには?」と逆のことを考えられたのですね。

VIO脱毛は技術も時間も必要なので、価格を落とすことは絶対にできません。

特化するにあたりマーケット調査も行なったのですが、40代・50代の方が若い頃は脱毛がそこまで普及していなくて、脱毛していない方が多い。

今になってしてみたいとなっているけれど「恥ずかしい」と思っている方が多いことが分かりました。

そこで弊社では、40代前後で美容にお金をかけられる人をターゲットにした形です。

若い世代の方は学割がきくような大手脱毛サロンへ行くことができますからね。

しかし最近ではVIO脱毛も込みの全身脱毛メニューなども多く、ライバル店が増えてきていると思います。
どの様に差別化されているのでしょうか?

いくつかありますが、1つは、脱毛が終わってからもお客様と繋がれるような「美白ケア」などのメニューを作っていることですね。
元々エステサロンなので、肌ケアに関しては自信があります。

2つ目は、カウンセリングに力を入れること
推奨している通い方やペースはあるのですが特殊な箇所なので、
痛みへの耐性やいつまでに無くしたいかなどをしっかりとカウンセリングして、
お客様に合ったプランを提案するようにしています。

また弊社には教育部があり、VIO脱毛の技術だけでなく「話をするのが恥ずかしい」と思わせない会話や
ヒアリングの仕方をしっかりと教えているのも、他社とは違う部分かなと。ルネッサンスも差別化に一役買ってくれていますよ。

純日本製のルネッサンスはお客様に安心感を与えることができる脱毛機

ありがとうございます!弊社ルネッサンスのどういった点が他社との差別化になっているのでしょうか?

弊社がターゲットしている40代前後の方は、これまで美容にお金をかけられていて、失敗もされてきていると思います。

安かろうは悪かろうではないですが、ある程度お金かけても安心できるものを求められている部分があるので、
純日本製で認証がある脱毛機というのは大きかったですね。

「国産なので安心・安全な機械ですよ」と自信を持ってお客様に伝えることができますから。

ルネッサンスを導入していただいたのもそういった理由からですか?

そうですね。
10年前くらいは、脱毛機のコストや安全な機械がどういうものかをスタッフは分からないまま施術している部分が多かったと記憶しています。

中国から輸入した脱毛機を使っていたこともありましたが、
すぐ壊れるし、パーツが必要なのにすぐには届かないし、
メンテナンスに出したのに代用機が2週間届かないなんてことも……。

その点、ルネッサンスはメンテナンスなどのアフターケアも充実していて助かります

導入してみると、脱毛機本体はほとんど故障しないですしね。

また、以前に使っていた機器は照射すると肌が赤くなってしまう方もおられたのですが、
ルネッサンスにしてからはそういったトラブルを聞かなくなりました。

最悪の場合、毛嚢炎になることもあるので、 全部水冷で照射面が冷たくなるのはありがたいですね。

「一番、脱毛効果があった!」と、体験からの戻り率が50%超え

脱毛を受けられたお客様からの反応はどうでしょうか?
体験で来られた新規のお客様の、50〜60%の方が再来店してくださっています。

理由をお聞きすると「プリートが、一番効果が出て良かったから!」と言ってもらっています。

「他社と比較したい」、「レーザーと迷っている」という方から効果があったと言ってもらえるので、かなり高評価だと感じています。

変な話、3〜4年かかるところもありますからね。脱毛は本当に効果の良し悪しが分かりやすいです。

体感だけでなく、他社と比較しての高評価は嬉しいですね!

まだまだ「医療レーザー脱毛の方がいい」と思っているお客様は多いです。

医療に負けないくらいの効果をエステでも出せること体感してもらうために、弊社ではかなり技術に力を入れています。

照射面の密着の仕方や照射面の捉え方といったものから、お客様へのタオルの掛け方、施術する向きまで決まっているくらいです。

肌トラブルを出さずに毛根の深いところまで照射するのはどうしたらいいか。どうやったら短時間で効果を出せるのか。

これまで研究してきたことを細かく、細かく研修で教えるようにしています。

そのおかげか、お客様アンケートをとると「技術や効果がすごい」「満足度90%以上」とかなり高評価いただいている形です。

VIO脱毛を入口にされていますが、新規のお客様は全員VIO脱毛を希望して来ているのですか?

9割VIO脱毛で、たまにワキだけの方もおられます。多いのは、何回か来られて「全身脱毛もここでしたい」というパターンですね。

VIO脱毛でしっかりと効果を実感していただけるので、他パーツの脱毛も自然と希望してくださるのかなと感じています。

VIO脱毛のこれから

VIOイメージの変化で、まだまだ伸びしろはある!

ここ5年ぐらいでVIO脱毛のイメージが世間的に変わってきたのも影響しているでしょうか?
もうファッションの一部ですよね。気軽に「VIO脱毛やってるんだよね」と友人に話せるようになってきています。

しかし、専門店に行っていることまでは恥ずかしいという方はまだまだ多いです。

ただ、それもあと数年でなくなると思っています。「介護脱毛」も話題になることが増えましたから

「介護脱毛」は言葉が先行して広まったイメージですが、お客様から聞かれることはあるのですか?

Yahoo!ニュースやNHKで取り上げられた際は、40代・50代の方からの予約や問い合わせが結構ありましたね。

必要性は昔からあったと思うので、良い言葉が生まれたかなと。

ただ「おばあちゃんとかがやるの?」と勘違いされている方は多いですね。介護に向けての準備ですよ、とその都度伝えています。

確かに言葉だけだと、そういう印象を受けますね。実際のニーズも気になるところですね。

介護士のお客様がおられるので、介護の現場で脱毛しておくとどんなメリットがあるのかとお伺いしたことがあるのですが、一番大変らしいです!

常に清潔にしておかなければいけない部分なので、
オムツ替えは〇時間おき、入浴は〇日おきにしないといけないと決まっていて、
毛が少ない人なら10分で終わるけれど、多い人は30分かかることもあるとか。

絡まったりかぶれちゃったりとトラブルも起きやすく、そのためのケアも必要になってきて余計に時間がかかるのだそうです。

「介護士の負担を減らすためにも、できればみんなやってほしい」と仰っていました。

現場の生の声を聞いていると、VIO脱毛はまだまだ伸びしろがある分野だなと思いますね。

デリケートゾーンを綺麗から健康へ!VIO脱毛の技術や知識を他社と共有も

それでは、今後もVIO脱毛に特化しての展開をお考えですか?

そうですね。最初に話したように、VIO脱毛をきっかけにデリケートゾーンのケア方法などに関心を持ってもらえるような取組みをしていきたいです。

例えば日本ではまだまだデリケートゾーン専用のソープを持っている方が少ないので、
5年後くらいにはシャンプーやボディソープと同じように使い分けるのが当たり前になって欲しいですね。

欧米ではパーツごとにソープを使い分けるのは当たり前ですから。

また、デリケートゾーンに関心を持つことで、少子化や不妊の予防にもなると考えています。

まだまだ勉強中ですが、デリケートゾーンケアから妊活などへ役立てることができたらなと。

脱毛サロンには綺麗になるために来られると思うのですが、綺麗の延長線上には健康があるので、
デリケートゾーンから健康を……といった形で広めていけたらいいなと思っています。

VIO脱毛をきっかけに、デリケートゾーンへの関心を高めて健康へ。素敵ですね。

ありがとうございます。弊社だけで考えると、VIO脱毛から物販に繋げているので、
もっとフェイシャルやリンパケアといったメニューへ誘導していきたいですね。

また、VIO脱毛に興味を持っているものの行なっているサロンは少ないと聞くので、
弊社がこれまで研究してきたことや技術などを提供していけたらいいなと考えています。

終わりに

「痛い」「医療レーザーでないと効果が出ない」そんなイメージがあるVIO脱毛ですが、
技術力と信頼できる脱毛機があれば、しっかりと効果を出すことができ、自然と集客もできてしまいます。

デリケートゾーンケアの重要性や「介護脱毛」といった言葉が浸透しはじめたことで
ニーズも高まっている今が参入のチャンスではないでしょうか。

デリケートゾーン特化の脱毛機である弊社ルネッサンスLUNAは、人間工学に基づいた持ちやすいハンドピースなので照射しやすく、
専門のインストラクターが導入講習を行いますので、お客様にしっかりと脱毛効果を感じていただけるようになります。

さらに、美肌モードも搭載しているので荒れやすいデリケートゾーンの肌ケアも可能です。
価格競争に巻き込まれたくない・他社と差別化したい脱毛サロンの方、VIO脱毛の導入を検討されている方は、
お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

デリケートゾーンケアへの関心が高まり始めている今だからこそ、狙い目です!