純国産の業務用脱毛機ならルネッサンス|導入事例・コラム

導入のご相談

【Withコロナ時代を生きる】
これからのサロンの取り組みとは?

コロナウイルスの影響で、多くのサロンが営業の自粛・短縮営業を余儀なくされたと思います。
今後、同じように、人々が外出しなくなったときに備えて、サロンでは何ができるでしょうか?

【お客様が安心して受けられる】サロンの環境を整える

サロンのコンセプトや施術を見直してください。

今の個人サロンで大事にするべきはお客様の「非日常体験」です。

 

同時に何人ものお客様を施術するのではなく、少数のお客様に時間をかけて高単価の施術を行っていくことが大事です。

 

これからの時代、ただ施術ができ、結果が出るだけではそのサロンである意味がありません。

自店だけのコンセプト・色を持ち、お客様に徹底的に寄り添った施術を行うことで、「ファン」を作っていくことが大事です。

個室・完全予約制など、お客様が特別な雰囲気の中で施術が受けられる空間を作っていきましょう。

 

個人サロンのコンセプト・戦略についてまとめた記事はこちら!

 

【オンラインで戦う】ECを開設する

外出が自粛されたからと言って「購買意欲が減少した」ということはありませんでした。

むしろ家にいる時間が増え、今まで見たこともなかったECサイトを訪問し、新規の顧客を獲得できたブランド、ショップが増えました。

今回話題になったのは、「美容室のオンラインショップ」です。

今まで脱毛サロンなどでは当たり前だった「チケット制・前売り券」をいち早く取り入れたサロンが、1週間で280万円の売上を作ったことが話題となりました。

 

BASEなどを使えば、誰でも簡単にオンラインショップを開設できる時代です。

美容サロンも自分の店の中で勝負するだけでなく、オンライン上に勝負できる第2のお店を作っておくことはマストです。

 

オンラインで勝負して成功した美容室に関する記事はこちら

「自店のECを開設したい!」オンラインショップを簡単に解説する方法はこちら

 

 

【コロナ対策】自店の対策をアピールする

 

これは現在、多くのサロン様で行っていることかと思います。自分がお客様をお迎えするにあたってどのような対策を行っているのか、どうして安全に施術が行えるのか、お客様に伝えていく必要があります。

 

「密」を作らない環境、備品は施術事に消毒、肌の触れるベッドはペーパーシーツをお客様事に交換など、今まで当たり前に行っていて、そこまで大きくは打ち出していなかったサロンの取り組みが、今の時代はお客様のサロンの選別基準になってきています。

自店で使っている除菌水や消毒液がこだわったものだったら、それを紹介・店販として売ることもよいでしょう。

 

弊社では、サロンで使える感染症対策のポップを用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご利用下さい!

高濃度・高純度・高級除菌水「メディアクア」に関してはこちら

「メディアクア」は普通の除菌水とは何が違うのか?