業務用エステ脱毛機(高速)を選ぶならルネッサンス|オフィシャルブログ

導入のご相談

2019年10月29日

【メンズ脱毛のいま】全国を巡りお客様の傾向を調査した結果

お世話になります!

平素よりコンフォートジャパンのルネッサンスシリーズをご使用いただきまして誠にありがとうございます。

 

 

 

今回は表題にございます通り、【メンズ脱毛、お客様の傾向】に関してお話できればと思います。

 

 

メンズ脱毛市場のどこがアツいの?!】

早速ですが、話題のメンズ市場や脱毛市場に関して さらっとおさらいしておきましょう。

 

メンズ脱毛市場が2016年付近から右肩上がりで成長中

 メンズ脱毛市場は数年ほど前から大きく成長を始めた市場です。大きなエステ市場の中でも、1・2を争う程の成長を遂げています。

 脱毛をしている男なんて(笑)と揶揄された時代は終わり、脱毛=ステータス、もはやスタンダードな時代に突入し始めています。

サービスの市場価値が高い

 元来、脱毛は高価なサービスとして成り立ってきております。最近では女性脱毛市場で、大手サロン様の企業戦力等で価格破壊が起きてしまっているケースも見られますが、メンズ市場は別です。

 経営者様目線な発言にはなってしまいますが、平均単価は女性のメニューの約1.5倍となっております。かなり大きな数字は作りやすいサービスです。

 それでもなお、お客様からのニーズというのは右肩上がりに上昇しております。その価格帯でもやってみたい、そう言ったお客様からの声は非常に大きいです。

 

 

 

さて、ここからが本題ですが

私が、全国を巡り、各地の大小様々なサロン様からいただいた

         『現場の声』『メンズ市場のいま』を共有させて頂きます。

 

 

 

 

 

◆メンズ市場のメインとなる顧客層

 

 ずばり2パターンといえます。

 

 比較的安価でサービスをご提供されているサロン様……20代中盤付近のお客様

 傾向:最近でもっとも脱毛に興味があり、エステに関する苦手意識が低く、他者からの目に敏感な層。

    人気のメニューに関してはヒゲ脱毛。金銭面的に部位ごとの脱毛をするお客様が多い。

    そのため数回のコースや都度キャンペーンのウケがいい。全身脱毛に関しては価格の調節次第で人気メニューに。

    ここの層を狙っているサロン様は脱毛専門店もしくはエステサロンで、スタッフさんは男性の場合が多かったりする。

    どんな業態のお客様でも比較的新規で獲得しやすい層になるので、学割、アンダー25割等はメニューに準備しておくとよい。

    友人の紹介などで芋づる式にご来店いただけるケースも多々ある。もう少し若い層にはなるが部活仲間全員が

    同じサロンに通い始めた等もよく聞くケースとなってきた。こちらの集客に関しては地域密着型サロンが強い。

 

    裏技ではあるがメニューのキャンペーン内容に困ったら、大手携帯会社さんのキャンペーンの打ち方を参考にしていくとよい。

    獲得したい層のお客様が類似しているので家族割や学割等すぐに活かせるものが多い。

   (10代のお客様は親御さんがお金を出すのでそちら目線のキャンペーンを意識していく必要がある)

    20代中盤付近のお客様ですが、仕事柄ヒゲを毎日剃らなければならない方

    例えば公務員さん銀行員さんなどお堅い職種にお勤めの方からのニーズも大きいのでそちらも意識すると尚よい。

 

 

 

 ②比較的高価でサービスをご提供されているサロン様……30代後半から40代のお客様

 傾向:20代にご家族をもち、お子さんたちの成長に伴い徐々に自分に投資ができるようになってきた

    30代後半~40代のお客様が好むのが隠れ家的トータルケアサロン。

    複数のサービスを一つのお店でセレクトできるオーダーメイドな時間への投資を売りにすることが非常に有効。

    組み合わせるメニューとしては業種を問わない、ビジョンを共有しそこに投資をしてもらう。

 

    例)■しわの増えてきた肌へフェイシャルメニュー+脱毛で青ヒゲケア=年齢を感じさせない若々しさ、デキる男を演出

      ■ヘアカット+デザインヒゲ脱毛=こだわりのスタイルを確立、日々のメンテナンスで常に一流の自分を

      ■パーソナルトレーニング+全身脱毛=THEトータルケア、だれもがあなたの背中に憧れる。

                                                  etc…

 

    この層のお客様を狙っているサロン様は個人サロン様が比較的多く、施術をされるスタッフさんは女性の方が多い傾向

    にあります。

    価格に関しては比較的高価でも受け入れられる傾向にあり、効果を実感すればお得なコース契約などにつながるケースが多い。

    こちらの年齢層の方には押し売りはNG傾向。あくまでもプレゼンし、選んでいただくのが吉。

    最初はお試しセットとしてヒゲ脱毛2回を1.5回分の価格で体験していただいたりするのも強い。

    こちらメニューは問わないが初回は2回セットというのがポイント。2回ご来店いただくことに意味がある。

    新規様、ではなく、お得意様としてしっかり接客することで定着に繋がる。

    定着していただければ浮気も少なく定期的にサロンに通っていただけるケースが非常に多い。

    人気なメニューに関してはヒゲ・全身などの王道メニューに加え、VIOの脱毛。

    落ち着いた空間を好む傾向にあるので内装などもそちらに合わせていくとこの層のお客様とマッチングしやすい。

 

 

 

 

◆メンズ顧客様に共通すること

 

 ■難しい・細かいメニュー組みは× できるかぎりシンプルなメニュー組みを

  基本的にメンズのお客様はエステに関して、脱毛に関して知識が薄い方が多い。SパーツやらMパーツやらよくわからない、、

  と苦手意識を持たれてしまうと良くない。ヒゲなら顔全体!デザイン!とはっきりとシンプルなメニューの方がウケがいい。

  ココは女性と男性のお客様の大きな違いであると感じています。

 

 ■地域は関係ない。どこの地域でも一定の需要が眠っている。

  全国どこの地域でもある一定数脱毛に興味のある方がいらっしゃいます、私の地域は田舎だし脱毛の店なんてないから、、

  正直それはチャンスです。今の時代、スマホで時代の流れがほとんどわかります。

  元々脱毛はコンプレックス産業であること、最近スマホなどの媒体への大手さんの広告掲載などからどの地域でもチャンスのある

  市場だと本気で思っています。全国実際に回らせて頂いておりますが、地域関係なくメンズ脱毛の波を肌で感じています。

 

 ■他サロンへの浮気が非常に少ない

 ここが一番うれしいポイントといっても過言ではないのが男性顧客様は余程のことがなければ他店に移り気しないという点です。

 サロン様に聞いていると女性のお客様には初回荒らしという行動をとる方など非常に多いそう。

 それに比べて男性は本当にありがたいことにずっと通ってくれるんです、そうおっしゃっているサロン様がほとんどです。

 

 

 

◆男性がお店選びで重視している2つのこと

それは

①効果があること

 当たり前のことですがこれが最も重要です。特に男性の毛に関しては出力や波長の工夫が必要です。

 機械はどれでも大丈夫とは正直言い切れません。脱毛はいい意味でも悪い意味でも機械が仕事をしてくれます。

 機械のスペックが物を言うサービスなのです。

 

そして

②通える痛みの程度であること

 価格よりも痛みを重視する傾向にあるようです。効果を出すためにはある程度の痛みも伴います。

 全く痛くないというのは出力不足な可能性があります。効果とのバランス関係が非常に重要です。

 痛みが軽減できればサロンにお客様が定着しやすくなります。

 

この2点であるとメンズ専門店様は口をそろえておっしゃいます。

 

◆では、参入するにあたりどんな機械を選べば良いのか

 メンズをとっていくなら上記の2点を最も重視して選ぶべきです。

 弊社のルネッサンスシリーズの中でいうのならば、黒い機体のルネッサンスUOMO(ウオモ)です。

 現在、ルネッサンスUOMOはシリーズ史上最も売れたルネッサンスGTを超す勢いで全国のサロン様にご導入いただいています。

 選ばれる理由は

 上記のメンズ顧客様へのアプローチが非常に優れているところ+従来通りの女性への脱毛、フェイシャル、ボディケア、バストケア

 1台で4役の高機能な点からです。脱毛以外のメニュー展開でも活躍できるため、特化している且つ非常に柔軟性がある機種です。

 既に脱毛専門店様からヘアサロン様等、幅広いお客様にご使用いただいております。

 

◆メンズ脱毛市場に参入するのであれば、今がもっとも賢い選択

 様々ご紹介させて頂きましたが、メンズ脱毛市場に関しては 向こう10年は成長し続ける市場でしょう。

 気づいた人から参入を始めています。まだまだ競合がいないブルーオーシャンに皆さんも是非飛び込んでみませんか?

 弊社も全力でサポートさせて頂きます。

 

それでは今回の記事はこれにて終了とさせていただきます。

ここまでお読みいただきまして誠に、ありがとうございました。

是非上記の内容、日々のサロンワークに活かしてみてくださいね。

 

 

勅使河原

 


新着記事
カテゴリー
アーカイブ